FC2ブログ

6か月ビジタービザの更新は可能でしょうか? 滞在身分の変更は可能でしょうか。

質問。2015年に学生ビザで滞在し、2016,2017と学生ビザを更新してきました。 学生ビザで働ける条件でアルバイトを始め、CDIのコントラをもらったため、ビザ申請をしました。ところが、雇い主が申請を途中で取り下げたため、レセピセが取れず、おまけに30日以内に退去の通知をもらいました。昨年、学生ビザの申請を2回も却下されてしまい、どうにかビジタービザを取得しました。それも、一年の保険に入っていたにもかかわらず、半年しかもらえませんでした。こちらに来て、このビジタービザを更新したいのですが、可能でしょうか?その際のステイタスとして、再度ビジタービザか、学生ビザがいいのか教えて頂きたく思います。また、それともプロフェッションリベラルとして、auto entrepreneurになるために手続きをすれば、商業を行うためのビザというのが申請できるのでしょうか?
希望は日本の父の会社の子会社をフランスで立ち上げ、フランスに滞在したいと考えています。アドバイスを頂けると幸いです。

お答え・見立て。
(1)その6か月VISITEUR VISAが更新延長できるか、VISAを拝見しないとわかりません。6か月限定で、延長出来ないケース、滞在費が年間ベースでSMIC以上あることを立証して更新延長できるケースがあります。                   

 (2)また、VISITEUR VISAの更新延長ではなく、他の滞在身分への変更についても 上記(1)と同じでしょう。ただし、学生滞在への身分変更は考慮外とした方が無難でしょう。既に3年見当、学生滞在しているようです。加えて、学生からSALARIEへのCHANGEMENT DE STATUT申請が取り下げになった、ともあります。これらはPREFECTUREに記録として残っている可能性大です。

(3)質問者Aさんは、フランスで職業活動を展開することを目指しています。
職業活動を展開するには準備作業が必要です。具体的には「少なくとも年間SMIC相当の収入が見込める(具体的な)事業プラン」の作成です。
一方、VISITEUR滞在者には「フランスで現地収入を伴う職業活動の従事」が認められていません。こうした事情から、「VISITEUR滞在の範囲でも可能な準備作業をしておく」ということではないでしょうか。例えば「日本の父の会社の子会社をフランスで立ち上げ」とあります。VISITEUR滞在でも「子会社」の立ち上げに動くことは可能です。その子会社の代表者としては登録できませんが、「日本の父」をフランス不在代表にして会社(フランス法人)を設立することはできます。Aさん自身が会社設立に必要な諸書類を作成できなければ、弁護士事務所や代行事務所に依頼すればよいことです。
会社設立は第二段階でとりあえずは個人事業(MICRO(AUTO)ENTREPRENEUR)で出発したい、であれば、職種分野に応じて営業・取引先の構築作業が必要になってきます。  

(4)こうした準備作業をして滞在身分の変更申請をしたところ、「あなたの所持しているVISAでは変更資格がない」とされた場合は、それらの関係書類を日本へ持ち帰って在日フランス大使館で該当するVISAを申請・取得して出直すことになりましょう。


以上は、AさんのVISITEUR滞在の現状から描いた基本構図ですが、実情は職業・職種分野に応じて様々ですので、当相談室のご利用をお勧めします。

定期滞在相談室  毎月第二木曜日、第四火曜日 
要予約 01 4723 3358


2019年1月29日  相談室    岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【PACSを解消してSALARIE滞在身分に変更できるものでしょうか?】の質問をした者です

随分昔になりますが、表題の件で質問をさせて頂いた者です。途中経過で滞在許可証は(すったもんだの上)無事に下りた、とご報告をさせて頂いてから、暫く経ちますが、その時の岡本さんのご質問で、「VPFからサラリエ転向の際、外国人税はどうなるのか」という結果を報告する事になっていました。滞在許可証が発行されたのが、2018年の7月末でした。その後勤務先に、年末頃にOFFIより通知が来たとのこと、金額は約900ユーロ。年末年始のごたごたで遅れましたが、上司から私にはつい最近知らされました。支払いを行ったと銀行送金を提示されましたが、その金額相当を今月の給与より差し引くと通達されました。
会社側は、支払い能力が無いのでごめんなさい、本当は会社が払わなければいけないと分かっているのだが申し訳ない、内密にしてほしいと言われました。実際の所、沢山の外国人労働者が会社側に払い戻ししているのではないでしょうか。
あなたパピエが欲しいんでしょう?ではご自分でお支払いください、という所でしょう。
金額云々よりも、Abus de faiblesse という観念で、気分が悪いです。同僚で洗い場のアフリカ人達は、何カ月も何カ月もかけて払い戻ししたそうです。私にとってはぶっちゃけ大した金額ではありませんが、この現状に憤りを感じております。友人のフランス人達に話したところ、彼らも私以上に憤り、フランス人として恥ずかしい行為だ、これは告発すべきではないか?とまで言っていました。
私は、「Thank Y, Next!」のノリで、今この件を告発して浴びなくても良い返り血をあびる事になるであろう時間を無駄にする気はありません。この悪の連鎖は永遠に続いていくと確信しています。ああ無情。
【Conclusion】PACS解消後、VPFからサラリエに身分変更は出来た。CDIで金属6年が評価された。その後、外国人税は発生した。金額はSMICに毛が生えた給与に対して900ユーロ弱でした。
岡本さんには大変お世話になり、有難うございました。長期戦でしたが戦い抜いた感があります。外国人税なんのその!これを踏み台に自分の目的達成に精進するのみです。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR