FC2ブログ

報告です。MASTER修了後APS取得、PASSEPORT TALENT申請は却下されENTREPRENEUR/PL(1年)が出ました。今回の更新でENTREPRENEUR/PLの4年カードが出ました。

報告です。
2017年に滞在許可証の件で当相談室を利用させて頂きました。その節はありがとうございました。今後の情報として、とりわけ93県在住の方などに役立てていただければと思い、その後の経過を報告いたします。

(1)2016年9月初旬、フランスのアーティスト系専門学校(ecole nationale superieure)にてMaster取得後にAPS(AUTORISATION PROVISOIRE DE SEJOUR)申請。
Auto-entrepreneur登録し、月額SMIC程度の収入を見込めるフリーランスの仕事を見つける。
ファクチュールには所得したディプロムに対応する仕事内容を明記。
    
(2)2017年9月末、APS有効期限が切れるので、 93県PREFECTURE BobignyにてPassport Talentの9項 profession culturelle&artistique4年希望申請手続きをする。過去一年間SMIC収入数字に相当するFacture、アーティスト活動に対して推薦状5通, アーティストとしての自己紹介、作品の簡易ポートフォリオ、今後の仕事の予定、DIPLOME(Master証明証)、Auto-entrepreur関連の証明書を提出。

(3)2017年12月初旬に PT(9項)ではなく、Carte de séjour pluriannuelleのEntrepreneur /Profession Liberal 1年が出る。その理由はAuto-entrepreneurだからとのこと。

(4)2018年9月下旬、 93県BobignyにてCarte de séjourの更新手続き。一年間働いたSMICに相当するFactures(テキスタイルデザインに関する), 仕事の推薦状、Master証明証、Auto-entrepreneur関連の証明書を提出。
2019年1月中下旬 Carte de sejour pluriannuelleのEntrepreneur Profession Liberale 4年が出る。

補足:
- 年収入は初回、更新回ともSmicギリギリでした。
- 主な収入のファクチュール先は1社で日本の会社のベルギー法人の比較的大きな企業(フランスの会社ではありません)で、仕事内容はフランスでの活動。
- 更新回では必要書類の他に、仕事依頼先から今後も私と継続して取引をしたいとう内容のレター、その他パリでの展示会への参加証明のレターなども主催者に書いてもらい提出しました。
- フリーランスだと不安定なので、サラリエで働けるstatutも本当は欲しかったのです。それでPassport Talentを初回に申請しましたが、Auto-entrepreneur登録しているためEntrepreneur/Profession Liberaleカードしかもらえませんでした。
- Bobignyのprefectureはインターネットでの予約方式が5年くらい前より始まり、 行くたびに少しずつ変化があります。時折誰かが大声をあげたりchaotqueな場面を見かけますが、以前よりは少なくなったのかな、と少しだけ思います。
申請の際はチケットを並んでとるのではなく、名前表示になり、もちろん4時間くらい待ちますが、朝早くいっても意味はありません(8h30ごろに行き、少々並んでチケットをとり。それから3-4時間くらいです)。私は待ち時間を大体予想していつも外出し、
また戻ってきます。
- 申請者は相変わらず移民と思われる方々が多く、日本人を見かけたことはまだありません。窓口の人はちゃんと仕事をしている人と適当にやっている人がいるので、
どんな人に当たるかは運次第。必要書類リストにない書類も要求され、もう一度戻ってこなければならない時も一度ありました。

報告にお礼、そして補足コメントです。
臨場感あふれる報告、ありがとうございました。とても参考になります。この報告でのポイントは、
(1)2017年9月末にPASSEPORT TALENT((PT)の第9項)の申請をしたところ、
同年12月初旬に出てきたのは、 PTカードではなくENTREPRENEUR/PLカードであったこと。PTが出ない理由としてSECU登録がAUTO(MICRO)-ENTREPRENEURだったため、とされたことです。
PTは2016年11月スタートの新設カードです。当初は「4年もの」カードでした。   ところが、2017年の後期(頃)から「上限が4年」、「1年、2年もあり」にダウンしてきました。
また、申請内容がCONTRAT DE TRAVAILの提示ではなくFACTUREの場合は、ENTREPRENEUR/PLにクラ替えさせられるケースが出てきました。報告者Aさんの場合がこれでしょう。

(2)一方、ENTREPRENEUR/PLカードは初回は1年もの、1年後の更新で4年ものが出るのが定番です。Aさんも定番処理です。よかったですね。というのも、最近、更新の際に、定番の4年ものではなく1年ものの再発行にとどまった亊例があるからです。この亊例では「少なくとも年額SMIC」をクリアーしているとは認められない、とされたケースでした。

(3)「補足」にある93県庁(PREFECTURE)BOBGINYの窓口事情は正確、適切に報告いただきました。滞在許可証の取り扱いは窓口担当者によって異なることが活写されています。滞在許可証には運・不運がつきもの、「生きもの」です。
もう一つ、「定型をもって良しとする」「変型は極力避けよ」があります。
報告文面に「主な収入のファクチュール先は1社で日本の会社のベルギー法人の比較的大きな企業(フランスの会社ではありません)で、仕事内容はフランスでの活動」、とあります。
ここで「主な収入のファクチュール先が在日の日本企業」だったらどうでしょうか。「この日本企業から派遣されるカタチにしてもらいなさい。あなたの場合はSALASRIE EN MISSIONが適当です」と妙な方向にハナシが持って行かれ、迷路に入りかねません。 あるいは「あなたの仕事先はほとんどが日本ではありませんか。フランスに職業滞在している意味ありません。もっとフランス、
ヨーロッパでの仕事を増やしなさい」と「4年ものではなく1年ものの据え置き」にされるとか。変則型によるトラブルですね。

93県での体験報告、重ねてありがとうございました。

2019年1月23日(水)   相談室   岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR