FC2ブログ

報告。R F SUR PLACEは却下されたましたが、数年後にVPFが発行されました。

報告です。 
2018年11月26日付R F SUR PLACEのブログを読んでの報告です。日・日夫婦で主人はCarte de  Resident所持。私は結婚後Visiteurで滞在していました。RF sur place申請が却下された数年後に滞在許可証更新時にVPFに変更(?)となりました。
Visiteurのままでも良いと思って更新していたのですが、何年もVisiteurのままではおかしいではないかと指摘され、今までの経緯(Visiteurを取得した理由、RF sur Placeは却下されたことなど)を説明しましたら、担当者が上司に相談し、その場では分からないが待ってくれと言うことで暫く待つ形となりました。最終的には滞在許可証の出来上がり時にVPFのカードを渡されました。因みにパリ在住で、子供はおりません。既に何年も前の事ですが、こういう例もあるということで。参考になりましたら幸いです。

報告、ありがとうございます。大いに参考になります。               
2018年11月26日付け同ブログにこう記しました。                                   
―CESEDA(外国人滞在管理法)「L 313-11-7°条」の適用と見ています。L 313-11条ではVIE PRIVEE ET FAMILIALEが発行される11ケースが規定されています。その「7°」に「RF手続きをする事情にない場合」の文脈が見えるので「7°」の適用と見ました―。 
この報告でのVPF発行も「L 313-11-7°条の適用」と見てよいでしょう。  
ここでのポイントは「(夫がCDRを所持しているのに)妻が何年もVisiteurのままではおかしいではないか」と担当者の方から動いてくれたことでしょう。 重ねて、ご報告ありがとうございました。


RF SUR PLACE:REGROUPEMENT FAMILIAL SUR PLACE
VPF:VIE PRIVEE ET FAMILIALE
CDR:CARTE DE RESIDENT

2018年11月29日(木)  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

11月26日のブログの質問者です。
ご報告とお見立て ありがとうございます。

結局、VPF申請は来年3月までrdvがとれず、ちょうどRF sur placeの審査時期と被りそうです。

滞在許可証の期限切れでの滞在については、たまにrdvの空き(キャンセル)がでるので、見つけたら取り直してできるだけ早く申請するように、と言われただけでした。(帰れとも残ってよしとも言われず)

この7°条が適用される事を願います。

ありがとうございました。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR