FC2ブログ

フランスでフリーランスフォトグラファーとして活動するためには、、、、。

質問。
私は過去にフランスで写真の専門学校に通っており、中退しています。
その後日本に帰国し、正社員のカメラマンとして仕事をし始めてもうすぐ4年目になります。
来年の5月頃を目処にフランスへ行き、フリーランスのフォトグラファー(また可能であればフォトグラファー業以外で起業が出来ればなお良い)として仕事をしたいと思っているのですが、私が取得するべき(取得可能)なのはパスポートタランで合っているのでしょうか。
現地に私が住むなら(ビザサポートはしてくれない)という条件で、日本法人の会社からは現地での仕事の依頼も既に得られる事にはなっているのですが、それはプラスになるのでしょうか。

お答え・見立て。
(1)PASSEPORT TALENT(PT)は10種からなります。フォトグラファーとしての活動内容がARTISTIQUE(芸術)あるいはCULTUREL(文化)分野であれば、PTの9番目に当たりましょう。外国人滞在管理法「 CESEDA  L.313-2—9°」(a)です。                     
もう一つ、ENTREPRENEUR-PROFESSION LIBERALEがあります。
外国人滞在管理法「CESEDAL L.313-10-3°」(b) です。            
面倒な法律はどうでもよいようなものですが、発行されるVISAには、(a)あるいは(b)が明記されますので、あえて触れておきます。

(2)申請資格・条件                    
①DIPLOME(職業資格)のあること。                       
質問者Aさんは「過去にフランスで写真の専門学校に通っており、中退しています。」とあります。当写真専門学校にてOO課程を修了、あるいは在籍証明は出せませんか。また、日本の写真専門学校でも学んでいれば、その証明も動員したところです。フォトグラファーとして4年の職業体験があるとのことですので、この証明もプラス要因になりそうです。
DIPLOME(職業資格)と職業経験ということです。

②少なくとも年間SMIC相当(*)の収入が見込める「事業プラン」の提示。
この点で「日本法人の会社からは現地での仕事の依頼も既に得られる事にはなっている」は、「事業プラン」の一要素を構成しましょう。文書として提示したいですね。

(*)SMICは公定最低賃金の数字です。年間収入数字に換算しますと17982ユーロ(額面)~14256ユーロ(手取り)です。
               *****

申請資格・条件には、(a)と(b)に大きな違いはないようです。
日本でのVISA申請・発給事情はこちらフランスからはよく見えません。
こちらパリの事情は多少は見えます。学生身分の滞在者が滞在身分の変更をする場合は、(a)より(b)の方がハードルが低い、
とされています。これはほぼ実情に近いといえます。

2018年10月30日(月)  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大学を中退し学生からpasseport talentの取得

初めまして、滞在許可証の身分変更について質問がありコメントさせていただきました。

現在、大学のアート学部に所属し学生の身分でフランスに滞在しつつ、写真家および写真家アシスタントとして働いています。本来はディプロム取得後に写真家としてpasseport talent を申請しようと考えていましたが、先日の外国人学生への授業料引き上げの発表を受け、来年度の身分の変更を考えています。そこで質問です。ディプロムを取得せず大学を中退して身分変更する場合、却下されるリスクが高いでしょうか?ちなみに日本でもディプロムは取得していません。アーティストとしての推薦状は取得可能です。

お返事頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR