FC2ブログ

ビジター滞在許可更新と銀行口座について

質問。今年3月からビジターで滞在しています。
次回、更新しようと思っておりますが、ある方の最近のブログで、銀行口座の残高証明は、フランスの銀行でないとうけつけない、と書いてありました。
現在は日本の口座の取引のみで生活できており、もちろんこちらで収入が入ることもなく、私自身は今後もしばらくフランスに口座を持つ必要性はありません。こちらの事例は本当でしょうか。
以前、某銀行にも問い合わせたところ、フランス国内での入出金お取り引きをされないのであれば、ビジターの方は無理にお作りになる必要はないかと思います、とアドバイスされました。

お答え・見立て。質問文面「銀行口座の残高証明は、フランスの銀行でないとうけつけない」「こちらの事例は本当でしょうか。」です。パリPREFECTURE DE POLICEの滞在許可セクションで「フランスの銀行口座でないと不可」とされた亊例は当室相談者にも数例あります。「不可」とする審査担当者が(一人か複数かは分かりませんが)確実にいるようです。ある事例では、3か月後に再出頭日が設定されて「それまでにフランスの銀行口座を開設し、その証明をもってきなさい」とされました。                     
 VISITEUR滞在者に要求されていることは、フランス国外からの送金で生活していること。 いいかえれば、現地入金がないこと。現地入金があると、「闇労働収入では?」の嫌疑がかかりかねません。                                       
こういう事例もありました。フランスの銀行口座の残高が手薄だったので、日本の銀行口座から現金カードでOOOOユーロを引き出してフランスの口座に入金して残高を厚くしたのです。当人としては「残高数字に不足はないハズだ」です。ところが、厳しい審査担当者に当たったのでしょう、過去12か月分のRELEVE DE COMPTE(月ごとの入出金表)の提示を求められ、12か月分がチェックされました。「ここにあるOOOOユーロの現地入金は何ですか? 違法労働収入ではないでしょうね」となったのでした。

いずれにしても、フランスの銀行に口座を持ち、必要に応じて日本の口座から送金させるのが正型、通常型でしょう。「正型、通常型を持ってよしとする。変型、変則型は避けよ」が当室のアドバイスです。


2018年10月15日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR