FC2ブログ

ワーホリのビザが切れた後Auto enterpreneurで戻ってくるには

質問。来年の2月までワーキングホリデーで滞在します。現在自分のファッションブランドを立ち上げる準備をしているのですが、2月以降パリを拠点にしたいと思っています。そこでauto enterpreneur を取得したいとおもって居るのですが、ワーホリはステータスを変更出来ませんが、切れた後一度イギリスに出国し、観光ビザで再度入国が出来ると大使館のQAQAには記載されているのですが、その時にauto entrepreneur を取得することは出来るのでしょうか。そもそも元々滞在許可を持って居ない人が急にフランスでauto entrepreneur は申請出来るのですか? 知っている情報があればシェアしていただけると嬉しいです。

お答え・見立て。                                  

出来ない、と見た方が賢明でしょう(エージェント、弁護士事務所などに代行依頼することは考慮外とします)。
在日フランス大使館でVISAを取り付けずに渡仏して、この地フランスで発行されるVISAをVISA DE REGULARISATIONといいます。現地VISA、入国後VISAですね。IRREGULIER―英語のイレギュラー、変則的―な状態でフランス入国 したので、これをREGULARISATION(正常化)する、という意味です。

VISA DE REGULARISATIONが出るケースは、滞在許可証を管轄するPREFECTURE DE POLICEの公式HPでは1ケースのみです。パスポートのみ=NOーVISA で渡仏し、3か月以内の滞在中にMAIRIE(市役所)でフランス国籍者と婚姻成立した場合です。但し、婚姻が成立してから6か月後です。少なくとも6か月の共同生活の立証が必要とされているためです。その他のケースは非公式ですから、どういう結果になるか不透明で、お勧めできません。日本に帰国してVISAを取得して出直すことをお勧めします。                                       
もう一つ。AUTO-ENTREPRENEURについてです。
AUTO-ENTREPRENEURというVISAはありません。質問者が日本に帰国して申請・取得すべきVISAは、                
 ①ENTREPRENEUR/PROFESSION LIBERALE (CESEDA=外国人滞在管理法)L313-10-3°)もしくは、              

 ②PASSEPORT TALENTの9°項もしくは10°項です。(CESEDA=外国人滞在管理法)L313-20-9°もしくはL313-20-10°)

大使館HPで①②の内容を入念に調べてください。ワーホリ滞在中の今、なすべきことがわかります。

さて、フランスでは職業収入には必ず社会保障負担費を支払わねばなりません。二つある支払い方式のうちの一つがAUTO-ENTREPRENEURという方式です。

2018年9月27日  滞在相談室   岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR