FC2ブログ

当方titre de séjour VPF保持、CDIにて仕事をしています。この度、副業としてバイヤー並びにライターとしてAEから始めようと、、。

質問。 当方titre de séjour VPF保持者でCDIにて仕事をさせてもらっているのですが、この度、副業としてバイヤー並びにライターとして事業を始めようと思っておりまして、AEから始めようと思っております。そこで事業の性質から売上しきい値の高いCOMMERCE登録をしようと思っているのですが、バイヤーは果たして商業の範疇に入るのか、気になったので質問させていただきました。とりあえず登録を済ませて、事業を始めてしまって後々に監査等があった場合にもしもCOMMERCEの範疇にならない、とされてしまった場合に何かしら不都合等あるのでしょうか。

お答え・見立て。
「商品を買い付け」て「それを売る」ということであればCOMMERCEではないでしょうか。
文面には「ライター」も登場します。ライターの内容は不明ですが、こちらはPRESTATION DE SERVICE,もしくはPROFESSION LIBERALE(PL)に入りましょう。
ライターについては質問が及んでいないので、触れないことにします。
さて、「事業を始めてしまって後々に監査等があった場合」「そもそも、そういった事業内容を何から何まで詳しく監査するような事もあるのでしょうか。」です。
AEは小規模事業を対象とした「SECU負担額の軽減制度」です。小規模数字にCONTROLE(監査)=時間と労力の投入=はなじまないでしょう。以上はあくまで一般論です。
                           *
2018年1月からAE(ME)の年間数字が改定されました。
例えばCOMMERCE①です。
年間売り上げ 82800ユーロ(次年度は91000ユーロまでは許容)
この数字枠はFRANCHISE TVA(TVA処理免除)です。
「SECU負担額の軽減率」は年間170000ユーロまで適用。

PRESTATION DE SERVICE②とPL③は、
 同33200ユーロ(同35200ユーロ)
 同 70000ユーロ
このように改定されています。

例えば、COMMERCE①です。
初年度の年間申告額82800ユーロ、次年度同91000ユーロ、次々年度同91000ユーロといった具合に、上限数字を並べて申告すると、「TVA逃れのツジツマ合わせではないのか。チョット突っついてみよう」になるかもしれません。
こういった不自然がない限り、ご心配無用ではないでしょうか。

なお、銀行でのAE口座の開設、CCI(Chambre de commerce et d'industrie商工会議所)への会費(TAXE POUR FRAIS)納入などは忘れずに。

2018年9月17日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR