FC2ブログ

PL滞在許可証上の規定では年間収入が少なくともSMIC以上となっていますが、これはBRUTでしょうか、NETでしょうか。

質問。PROFESSION LIBERALE(PL)に身分変更を予定しています。PL滞在許可証上の規定では年間収入が少なくともSMIC以上となっていますが、これはBRUTでしょうか、NETでしょうか。

お答え・見立て。なかなかに微妙な領域の問題です。              (1)SMICは、どんな仕事であっても適用されるべき最低時給です。法定ミニマム時給といえます。2018年度のSMIS数字は、BRUT(額面)で、                       
 時給       9.88 ユーロ                           
 月給    1498.47 ユーロ                           
 年給   17981,60 ユーロ 

(2)NET(各種の社会保障費を差し引かれた後の「手取り」数字)では、
時給       7.72 ユーロ                           
 月給   1170.69 ユーロ                            
年給   14048,30 ユーロ 
とされています。

(3)SMICは給与(SALAIRE)上の規定です。PLはNON SALAIRE(非給与)で仕事をします。外国人(日本人)で、滞在許可証の滞在身分がENTREPRENEUR/PLの場合は、NON SALAIRE(非給与)でしか収入を得ることができません。SMICという給与収入上の規定を非給与収入に適用させる場合.どう考えるべきか。 BRUT(年間約18000ユーロ)ですか、NET(年間約14000ユーロ)ですか、の質問になる理由がここにあります。

(4)明確な規定はないでしょう。これまでの当室相談者の事例からいえばBRUTとNETの幅の中に収まる数字でパスしています。但し、これは下限すれすれ、低空飛行のケースかも知れません。一方で、BRUT18000ユーロを大幅に超えている高空飛行、余裕飛行のケースもあります。また、PL収入数字の設定につぃてはブログでは書き切れないテクニック(滞在相談室では教示)面もあります。                      

(5)質問者の場合は、これからPLに身分変更したい、ということです。変更を申し出る時点で問われるのは「少なくとも年収SMIC数字を越える事業プランの提出」になります。「この事業プランなら年収SMICは越えるであろう」の印象を与えればパスしましょう。

(6)さて、翌年の更新手続で問われるのは前年度収入数字=実績数字になります。相談室でよく受ける質問に「去年の身分変更時に提出した事業プランと比較チェックされないでしょうか。あなたは、去年、こんな事業プランを出していますが、このプランの実現度は、、、。、、と踏み込まれないでしょか」です。COMMERCANT(商業者)にはそうした事業プランとの比較チェックがありそうですが、PLではそうしたチェックではなく、あくまでも職業収入が年間SMICを越えているかどうかが審査基準とみてよいでしょう。
  
その場合の年間SMICは、BRUT(約18000ユーロ)とNET(約14000ユーロ)の幅の中におさまる数字。そして18000ユーロを越えていれば、更新にいささかの懸念はないでしょう、とお答えしておきます。


2018年6月19日  相談室  岡本宏詞
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。年金について質問があり、投稿させていただきます。
当方、アーティストとして活動しており、メゾンデアーティストに登録しています。数年前から、年金の上乗せ部分(retraite complementaire)の請求がIRCEC(RAAP)というところから届くようになりました。これまで無視して払ってこなかったのですが、先日、「2016年のコチザシオンが未払いなので支払うように」との催促の手紙が来ました。
これは本当に義務なのでしょうか?もし払わなかった場合、罰則や罰金、増額があるのでしょうか?
IRCECのサイトには、「家庭の収入が13176ユーロに満たない場合は、コチザシオンの免除が認められる」(Une exonération totale de la cotisation peut être accordée lorsque les ressources du foyer sont inférieures à 13.176 €.)とありますが、ressources du foyerというのは、Revenu fiscal de referenceのことでしょうか? 13176ユーロという制限額は、毎年変わると思いますが、催促がきた2016年のコチザシオンの免除を申し出る場合、自分の2016年のRevenu fiscal de referenceが、2016年のこの金額以下であれば良い(免除される)ということになりますか?(2016年の額を教えていただければ有難いです)。 それとも、今年2018年のRevenu fiscal de referenceが、この13176ユーロ以下であれば、遡った年度分のコチザシオンであっても、免除を申し出ることができるのでしょうか?
また、いままでコチザシオンは一定額だったのが、今年から収入の4%〜8%に変更になりましたが、義務であることは変わらないのでしょうか? 定額制とパーセンテージ性のコチザシオンで、一貫性はあるのでしょうか?
細かいことで恐縮ですが、お教えいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR