FC2ブログ

結婚とcarte de sejour"vie privee et familiale"(VPF)の申請について

質問。先月、6か月有効更新可能なビジターヴィザ(type D)でフランスに入国し、市役所にて婚姻手続きをとりました。セレモニーは5月を予定しています。日本のフランス大使館のヴィザセクションの方から、私のヴィザではcarte de sejour"vie privee et familiale"(VPF)を申請することはできないので、一度日本に帰国し、配偶者ヴィザを申請するようにと説明がありましたが、やはりフランスで手続きを行うことはできないのでしょうか。
お答え・見立て。「一度日本に帰国し、配偶者ヴィザを申請するように」は、定型、正型です。  ここでは、変則型の説明です。変則型の場合は、どういう扱いになるかは不透明ですが、過去の事例から整理してみます。
                  *
婚姻成立後、婚姻関係書類(ACTE DE MARIAGE、 LIVRET DE FAMILLEなど)を携えて、フランス国籍の配偶者同伴でPREFECTUREに出頭されたらいかがでしょうか。想定されることは、
(1)とりあえずは6か月のRECEPISSEが発行され、6か月以降にVPF滞在許可証が発行される。
(2)「6か月有効更新可能なビジターヴィザ(type D))とあります。これに対して6か月のRECEPISSEが発行され、6か月以降にVPF滞在許可証が発行される。場合によってはVISITEUR滞在許可証が発行され、VPF滞在許可証の発行は先延ばしになることもあり得る。ちなみに「6か月有効更新可能なビジターヴィザ(type D))の「更新可な」の意味はよくつかめませんが、、、。
(3)RECEPISSEは発行されない。6か月後に出頭せよとされる。婚姻関係書類および6か月間の共同生活を立証する書類、配偶者同行のこと。RDV(CONVOCATION)は与えられないことが多く、その時期が近づいたら取り付けよ、とされる。
 
過去の事例からは、組み立てられるのはこんなところです。              

2018年2月28日  相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



第17回 所得申告説明会のお知らせ

第17回 所得申告説明会のお知らせ
フランスの個人所得申告は本人による自己申告です。所得申告は、前年度(2017年Ⅰ月1日―12月31日)の所得を翌年2018年5月中旬締切りで申告します。
今回初めて申告される方、申告経験はあるものの、よくわからない方、より正確に知りたい方は是非、
ご参加ください。
日時  4月28日(土)
時間 15h00-17h30頃 (変更の場合はお知らせします)
会場 日本人会 9  Avenue Marceau 75116 PARIS
参加資格 当会会員
参加費(配布資料代) 20ユーロ
要予約 TEL 01 4723 3358 FAX014723 0576
    メール:nihonjinkai@free.fr (予約はお早めに。例年、すぐ満席になります)
            
 *
所得申告の用紙の種類、記入の仕方、税額の算出、低収入手当、滞在許可証との関連
など、ケース別(SALARIE/ VISITEUR/ ETUDIAN / BNC・PROFESSION LIBERALE ・AUTO-ENTREPRENEUR)に説明します。
この説明会に参加した上で、なお個別事情のある方は個別相談に応じます。個別相談の予約は説明会終了後に受付ます。 
              *
所得申告をする=所得税を取られる、は必ずしも正確な理解ではありません。
申告の仕組みをよくつかんで適切に対処する必要があります。滞在許可証の更新、滞在身分の変更、   10年カードの申請・取得などにも直接関係してきます。フランスに長・中期滞在を予定している方に  参加をお勧めします。

日本人会 滞在相談室

自宅または生徒宅での個人レッスンに際してのレッスン料、CREDIT IMPOT、 CESUについて。

質問。自宅または生徒宅で個人レッスンをする際の支払方法について質問です。
Micro(Auto) entrepreneurとして活動しており、Service à la personne(Nova)にも登録しておりますが、Déclaré et Non agréeとなっています。
今まで、私がFactureを出し、生徒さんには現金または小切手でお支払いいただくといった方法を取っておりますが、生徒さんたちは50%のCREDIT IMPOTを申請することが出来るのでしょうか?その際、私は生徒たちに年間の請求額等の書類を作成する義務があるのでしょうか?
また、CESUの利用を検討していますが、その際の生徒側、私個人の利点が今一つ分かりません。Micro entrepreneurとの違いをご指導いただけますでしょうか?

お答え・見立て。2018年2月17日付ブログでこう書きました。「このブログは、2010年6月からスタートし、2018年2月現在964本の記事を掲載していますが、質問にTIR(TITRE D’ IDENTITE REPUBLICAINE)が登場するのは初めてでしょう」。
今回の「CREDIT IMPOT」、「CESU」も初登場でしょう。
TIR(TITRE D’ IDENTITE REPUBLICAINE)は、私自身がフランス出生児の父親なので申請取得に動いた体験があることから、それなりに「お答え・見立て」ができましたが、今回の「CREDIT IMPOT」、「CESU」にはそうした個人体験の裏付けがありません。臨場感のない「お答え・見立て」になることをあらかじめお断りしておきます。

(1)SERVICE A LA PERSONNE(略称SAP/個人客を対象にした諸サービス労働)は26種あるとされています。Aさんの質問文面に「自宅または生徒宅で個人レッスンをしている」とあります。さらに「Service à la personne(Nova)にも登録しておりますが、Déclaré et Non agréeとなっています。」ともあります。
SAPは、NOVAという機関にDECLARATION(登録)しますが、
①DECLARATION(登録)だけでよい職種
②上記①に加えてAGREMENT(承認)を必要とする職種
③上記①に加えてAUTORISATION(認可)を必要とする職種
に分かれています。
例えばベビーシッタです。「3歳以下の赤ちゃんのベビーシッターもする場合」は②です。
「3歳以上しか引き受けません」は①です。時折、スーパーやパン屋さん、コインランドリー
などのPETITES ANNONCESで見ませんか。「ベビーシッターいたします。
但し3歳以上」。

質問者Aさんは「Déclaré et Non agrée」とありますから①ということでしょう。「自宅または生徒宅で個人レッスン」は、DECLARATIONのみで済むSOUTIEN SCOLAIRE OU COURS A DOMICILE(家庭教師)でしょう。

ここで大急ぎで付け加えておきます、これはベビーシッター活動許可、家庭教師活動許可ではありません。ベビーシッター料金、家庭教師へ月謝を支払った家庭が所得申告をする際に
• 必要経費(CREDIT IMPOT)として計上できるということです。
• 料金あるいは月謝を受け取っているベビーシッター、家庭教師が①をしていないと、それを支払った家庭が所得申告の際に必要経費(CREDIT IMPOT)として計上できない、あるいは計上しても採用されない、ということでもあります。
• ということで、「生徒さんたち(の家庭)は50%のCREDIT IMPOTを申請することが出来るのでしょうか?」には「できます」です。
• 「その際、私は生徒たちに年間の請求額等の書類を作成する義務があるのでしょうか?」
• 「義務」は大げさですが、要望があれば「年間の請求額等の書類を作成」してあげたらいかがでしょうか。

• (2)CESU(CHEQUE EMPLOI SERVICE UNIVERSELLE)
• ベビーシッター料金、家庭教師へ月謝などをSALAIRE(給与)として支払う特別な小切手です。雇用者は会社とかASSOCIATIONとかの法人(PERSONNE MORALE)ではなく個人=ベビーシッター(や家庭教師)を雇う家庭です。個人がベビーシッター(や家庭教師)に給与を支払う小切手です。といってFICHE DE PAYE(給与明細)を作成する必要はありません。CESU公庫が作成してCESU受取人に送付します。
また、URSSAF(社会保障負担金徴収公庫)は、CESUを切った家庭にSECURITE SOCIALE雇用者負担金を請求します。
CESU利用者(家庭)は、必要経費(CREDIT IMPOT)として計上できます。
• 総額の50%が必要経費(CREDIT IMPOT)として採用される、とされています。
• 一方、受け取り人(ベビーシッター、家庭教師)は、例えば時給が20ユーロで5時間分
• とすれば100ユーロのCESUを受け取ることになります。CESU公庫から送付されてくるFICHE DE PAYEにはNET(手取り)が100ユーロになるように調整されていますので、目減りはありません。受け取り人にマイナス点は見当たりません。
• 問題は、滞在許可証です。NON SALARIE(非給与)で働くことに限定されている
• ENTREPRENEUR/PROFESSION LIBERALE(PL)の所持者は
• 原則的にはCESUの受け取りは不都合といえます。CESU収入はURSSAF,税務局に通知されますので、税務局から送付されてくる申告用紙(2042)にはPRE―REMPLI(記入済み)されています。但し、これまでのPL滞在許可証の更新ではSALAIRES収入が多少あってもトラブルは起きていません。NON SALARIE(非給与)部分が大きく上回っていれば容認されています。厳密なラインはないでしょうが、
• NON SALARIE(非給与収入) 80/100
• SALAIRES(給与収入)     20/100
• このあたりが安全圏でしょう。また、CESUは給与収入といっても個人からのものなので、トラブルことはほとんどないと見ます。
• 質問者Aさんは、VIE PRIVEE ET FAMILIALEもしくはCARTE DE RESIDENT所持で、滞在許可証とのバッティングはないと推測しますが、、、。


    2018年2月24日 相談室  岡本宏詞

学生ビザ期限切れ後のヨーロッパ国訪問は可能ですか?

質問。現在学生ビザでフランスに来ており、VISAに記載されている日付は4月半ばに切れることになっています。
ただ実際の語学学校の登録は4月末までで、渡仏当初にOFIIで日程を訪ねたところ、「それは問題ない」とだけ言われました。ただフランス語が分からないため、詳しく分からずそのままになっていました。その後、イギリスの就労ビザが取れ、学生ビザ終了後は渡英を検討しているのですが、フランスのアパートも4月末までの契約で、できることならフランス以外の国にも行きたいのですが、ビザに記載されている日にち以降も滞在は可能でしょうか。
引き続きの滞在が無理な場合、イギリスに一度入国し、再度ベルギーやフランスに滞在することは可能でしょうか。

お答え・見立て。この質問は当室ブログ向けではありませんね。当室はフランスに滞在している人が、滞在許可証の滞在身分を変えたい、それに伴う諸手続の問題。さらには既得している滞在許可証の更新の問題などに対応しています。一口にいえば「いかにフランスに滞在し続けるか」です。質問は「いかにフランスを離れるか」のようですから、ベクトルの向きが違うようです。ま、こんな屁理屈はさておき、あり合わせの知識でなんとか組み立ててみます。

(1)滞在許可証あるいはそれに類する滞在VISA(質問者の場合はVLS―TSですか?)の期限が切れてから1か月以内であればフランス国内においては違法滞在者として罰せられない、という規定(CESEDA=外国人滞在管理法 L511-⑴-II-3°―C) があります。質問者の場合、VISAに記載されている期限から1か月以内であれば滞在できるということです。つまり語学学校に4月末日まで通えるということです。
これは「違法滞在ではあるが罰しない」という考え方です。帰国の準備作業、アパートの契約(解約)事情、学生の場合は学業期の区切り、身辺整理、、、いろいろあるでしょう。  そのための猶予期間が1か月ということです。但し、これは、あくまでもフランス国内での滞在です

(2)滞在VISAが切れて1か月以内には離仏することになりますが、質問文中に「英国での就労VISAが取れている」とありますので、フランスから直接英国へ入国できるのではないでしょうか。                                      

(3)ベルギーその他ヨーロッパ諸国に旅行できる、そしてフランスに戻って来られるのは、 手元にあるVISAの有効期限内です。質問者の場合は、4月末までです。上記(1)で触れた「1か月の滞在猶予規定」は、「あくまでもフランス国内での滞在」です。VISA期限が切れている状態でフランスを出国し、ベルギーなど各国の旅行を終えてフランスに戻る(フランスに再入国する)ことはできない、と見るべきでしょう。

(4)フランスを完全に離れて英国の滞在許可証あるいはそれに類する滞在VISAを得てからであれば、そしてその有効期間内であれば、英国在住者としてフランスに、ベルギーに、オランダ、、、、に旅行して英国に戻る(再入国)ことができるのではないでしょうか。英国の滞在許可事情、一時的出国・再入国事情はよく知りませんが、フランスと比べて
はるかに厳しいと見ています。
(個人的事情で頻繁にロンドンに行きますが、フランスは大らか、英国は厳格、の印象をもっています)。

2018年2月19日  相談室  岡本宏嗣

18歳の成人を控えています。滞在許可証の申請、フランス国籍手続、どの順序になるのでしょうか?

質問。TIRを所持するものです。18歳の誕生日で期限が満了し、その後すぐに国籍証明書の申請をするべきなのか、または滞在許可証を一たん申請し、その後国籍証明書を申請することができるのか、通常どのような流れがよいのでしょうか。
前者ですと、TIR期限満了日から国籍証明書を取得し、仏パスポート取得まで、IDカードを所持できない状態が続くと懸念しております。また後者ですと、滞在許可証を申請したことで、国籍証明書の申請ができなくなってしまうと困ってしまいます。

お答え・見立て。
このブログは、2010年6月からスタートし、2018年2月現在972本の記事を掲載していますが、TIR(TITRE D’ IDENTITE REPUBLICAINE)が登場するのは初めてでしょう。TIRは、両親とも外国人(非フランス国籍)でフランスで出生した未成年児向けの滞在カードです。一方、両親とも外国人(非フランス国籍)でフランス国外(例;日本)で出生した未成年児向けの滞在カードはDCあるいはDCEMです。DOCUMENT DE CIRCULATION(POUR
MINEUR ETRANGER))の略称です。いずれも5年カードで更新可能、18歳の成人(MAJEUR)の誕生日がカードの最終期限日とされています。
フランス出生児は、出生後、フランスに引き続き滞在しフランスの学校教育を受けていれば、18歳の成人時点でフランス国籍になります(フランス民法21-7条の適用)。この場合のフランス国籍取得は日本国籍法での重国籍禁止条項に抵触しないとされています。
このあたりのことは複雑領域に分け入ることになるので、ここでは詳述はしません。
次いで、当たり前のことですが説明の都合上、2点確認をしておきます。1点目。外国人は18歳の成人から滞在許可証の取得義務があります。2点目。フランス国籍者には滞在許可証は存在しません。
以上を前提に、質問にお答えします。
(1)18歳の誕生日以降、なるべく早い時期に国籍局に出頭します。TIRはCESEDA
(外国人滞在管理法)では義務ではありませんから、TIR所持の有無は問われないでしょう。
問われたとしてもその期限ウンヌンが問題になることはあり得ません。フランス民法21-7条の適用によるフランス国籍の認定は18歳です。16歳-17歳でフランス国籍になるフランス民法21-11条もあるので要注意です。21-11条の適用の場合は、日本国籍法の重国籍禁止条項に抵触します。フランス国籍確定書には適用条項が明記されます。
(2)仮に質問者が国籍手続は後回しにして、滞在許可証の申請を優先させた場合、滞在許可証窓口は質問者のACTE DE NAISSANCEを見て「あなたはフランス出生ではありませんか。あなたはフランス国籍になっているので滞在許可証は出せません。必要ありません。どうしても外国人(日本人)として滞在許可証が欲しいのであれば、国籍当局で「フランス国籍辞退届」(DECLARATION DE DECLINER LA QUALITE DE FRANCAIS)を提出し、その証明をもって出直してください。国籍当局が辞退届けを受けてくれればですが、、、」になりましょう。
質問者の心配、懸念は見当違いです。

2018年2月17日 相談室 岡本宏嗣

近々に離婚することになったのですが、滞在許可証の更新、健康保険はどうなるのでしょうか?、

質問。2008年にフランス人と結婚し、2012年から10年の婚姻滞在ビザを取得した者です。
年末に、離婚を申し出され、春までには離婚することになります。子供はいません。
結婚後は、専業主婦をしていたので、美術作家活動で加入していたMaison des artistesから削除されています。
健康保険も夫のものに加入しており、現在仕事を探しています。
離婚の際には、婚姻ビザは無効化されるのでしょうか?
フランスに残り、美術活動を続けていきたいのですが、もしビザが無効化されたり、更新不可能な場合、他にはどのような滞在許可証の可能性があるのでしょうか?

お答え・見立て。
2012年に10年カード(CARTE DE RESIDENT)を取得ひた、とありますから2022年に更新ですね。2013-14年の時期に離婚していれば2022年の10年カード更新時にトラブルことがあるかもしれませんが、2018年春の離婚では全く問題になり得ません。心配されずにJEGEMENT DE DIVORCE(離婚調停書)を提示しましょう。
文中に「婚姻ビザ」とありますが、用語が不正確です。フランス人との婚姻によって10年カードが発行されたということです。10年カードが発行されるケースは10ケースを越えています。一番多いケースは「5年以上の滞在実績」ケースでの取得です。
「フランス人との婚姻による10年カード」、「5年以上の滞在実績による10年カード」とかの区別があるわけではありません。
どのケースで発行されても同じCARTE DE RESIDENTです。

次に健康保険です。「夫のものに加入して」とあります。AYANT DROIT(扶養家族)といいます。これも離婚によって独立、自立します。保険料は仕事が見つかって収入を得るまでは徴収されません。保険料はゼロです。居住区のCPAM(CAISSE PRIMAIRE ASSURANCE MALADIE)に離婚したことを申し出てください。

最後に。美術創作活動にも励んでください。創作活動を続けていればMDAにも復帰できましょう。質問者のような境遇の在仏・
日本人・女流作家はあなた一人ではありません。立ち直って精力的に創作活動をしています。


2018年2月16日  相談室  岡本宏嗣

学生からSALARIEに身分変更したのですが、、、、・

質問。学生からSALARIEにCHANGEMENT DE STATUTをしました。
労働許可が下りた時点で、学生滞在許可証の有効期間が5か月ほど残っていたので、学生滞在許可証はそのままで、労働許可関係の書類を所持していればよい、とされました。
そして学生滞在許可証の期限が満期になった時点でSALARIE滞在許可証1年が無事に発行されました。現在は、その更新を
数か月後に控えている状態です。
そこで質問です。今、労働許可が下りた会社を辞めて別の会社に移ったとしたら、SALARIE4年カードは出るでしょうか。それとも勤務先が変わったことで再1年カード発行にとどまるのでしょうか。

お答え・見立て。
複数年滞在許可証(CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE)は、施行されて日が浅いことがあり、定型外への対応が見えません。
「今回、4年もののSALARIE滞在許可証が出ました」の報告は後を絶ちませんが、「1年もの(2年もの)にとどまりました」は(当室周辺に限ってですが)ありません。
複数年滞在許可証(CARTE DE SEJOUR PLURIANNUELLE)は、最長で4年とされていますが、1年もの、2年もの、3年ものもあり得ます。学生滞在許可証は3年上限、フランス人国籍者との婚姻にはVIE PRIVEE ET FAMILIALE(VPF)滞在カードが発行されますが、初年度は1年もの、更新で2年ものとされています。
PASSEPORT TALENT(PT)は「4年もので決まり。4年もの以外はない」と見ていましたが「出たカードは2年ものでした」の報告が2件あります。
こういう事情ですから、確実を期して、今回の更新では動かない、更新を済ませてから転職する、ということでいかがでしょうか。

2018年2月15日 相談室  岡本宏嗣

万が一、夫(フランス国籍)に先立たれた場合に遺族年金のようなものは存在するのでしょうか。

質問。フランスに遺族年金のようなものはあるのでしょうか?
現在、パックスを交わしているパートナー(仏国籍)と、もうじき婚姻します。
私は無職ですが、いずれどこかで働きたいと思っています。
そこで質問なのですが、パートナーは公務員です。万が一、夫に先立たれた場合に遺族年金のようなものは存在するのでしょうか。子どもはおりません。
また、子どもがいないのに、万が一私だけが残った場合、フランスに居続ける事は可能でしょうか。

お答え・見立て。
あります。公務員年金の場合は、夫が受給していた年金の50%支給です(民間年金の場合は54%)。
婚姻歴が少なくとも4年以上あること。夫に離婚歴があり、先妻がその後再婚していない場合は、先妻にも受給権があります。それぞれの結婚期間年数の比例配分とされています。
当人自身が再婚した場合は、再婚時点で亡夫の年金支給が打ち切りになります。

次です。
「フランスに居続ける事は可能でしょうか」です。もちろん可能です。ETAT-CIVILがMARIEE(既婚)からVEUVE(寡婦・未亡人)になるだけのことです。

最後に。
「いずれどこかで働いて」フランスの年金システムに入ることになりましょうが、日本の国民年金は確保することをお勧めします。


2018年1月15日  相談室  岡本宏嗣

滞在許可証が切れている状態でのステータス変更 (学生→配偶者)のトラブル

滞況説明(長文ですが、最小限のカットにとどめて掲載します(ブログ主宰者)と質問です。
                   **
パリ郊外県在住、2016年学生VISAで入国、学生滞在の日本女性です。
配偶者はフランス人です。昨年2017年11月に市役所に結婚の申請をしました。申請日の2週間後から式の予約ができる、12月はまだ3件しか入っていない、というので12月中には結婚成立のつもりでした。ところが、書類確認の最後に私の滞在許可証の期限(2018年1月3日)が近いので「偽装結婚でないかどうかの個別面談が必要です、一人5分くらいずつで同じ質問をします、2018年1月9日XX時に出頭してください。その面談で合格したら結婚式の予約ができます」といわれ、結婚手続は一方的に打ち切られました。このマダムの口調はきつく、会話は一方的で、彼が説明などすると話を遮って、否定形のものいいになり、その会話を終わらせるという繰り返しでした。彼は市役所の人の機嫌を損ねるとややこしくなると思い我慢していたようです。

1月9日XX時のRDVは11月の受付担当者ではない3名の審問者と面談をしました。
開始早々、あなたの滞在許可証切れてるわね、この状況はよくない、切れていなければ面接の必要はなかったのに、といわれ、11月の際の経緯を説明しました。担当者が面接日時を決めて、私たちには選択できる余地はなかった、今日の面接を待つしかなかった、それで結果的に滞在許可期限オーヴァーになったと釈明しましたが、そうなんだけどねえ、、という会話を2-3回繰り返しました。(想定外の事をいわれたのと、緊張と、フランス語レベルが低いので聞くべきことなど思い浮かびませんでした) 。その後、二人の出会い、いつから同居を開始したか、など簡単な事をいくつか聞かれて質問は終了し、残りの時間は日本の文化はすばらしい、私が勉強している分野は興味深い等の話をされました。最後に両手で手を握られ、あなたの人生の幸せを願っていると笑顔でいわれました。
偽装結婚を疑われているような空気ではなく、私に気を使っているような変な空気に感じました。
その後、彼との面談では、私が2か月間不安な気持ちでいた事を気遣うような事をいっていたそうです。
不安なので先日プリフェクチュールに電話で問い合わせしたところ、必要書類を持って来れば手続きは済む、罰金などもない、といわれました。
しかしフランスは担当者によっていうことが違うと聞きますし、罰金、滞在許可が切れていた期間が記録に残り、今後の更新時に何か問題になるのではないかなど不安です。
彼は、市役所が決めた事はどうにもできないし、結婚して家族手帳がもらえるから心配する事はないと言っています。

しかし腑に落ちない事ばかりで、もやもやが消えません。このような事はよくあるのでしょうか? 今、私は法を犯している状態なのでしょうか? 今の時点でしておくべき事、これから起こるかもしれない問題を回避できる対策などはありますでしょうか。

お答え・見立て。
事情はよくわかりました。
「罰金、滞在許可が切れていた期間が記録に残り、今後の更新時に何か問題になるのではないか」などの心配は無用でしょう。配偶者のMONSIEUR Bがいうように「心配することはない」と見ます。スムースに滞在許可証VIE PRIVEE ET FAMILIALE(VPF)が発行されるでしょう。RECEPISSE(仮滞在許可票、通常3か月)を経てのVPF発行になるかもしれません。
また、厳しい滞在許可担当者に当たるとVISA DE REGULARISAION340ユーロを取られるかもしれません。
VISA DE REGULARISAIONというのは、滞在許可証を所持していない、あるいは所持しているが許可期限が切れている場合に課せられるTAXEです。罰金ではありません。滞在許可証の申請時に50ユーロ、発行時に残額290ユーロをTIMBRE FISCAL(印紙)で支払います。滞在許可証の発行料(269ユーロ)とは別です。万事が遅れ遅れの滞在許可事務処理ですから、取られることはないと見ますが、、。
偽装結婚の吟味は、質問者Aさんとその配偶者MONSIEUR Bの結婚を疑ったのではなく「職業上のお役目」でしょう。
文面には「ごめんなさいね。不愉快な思いをさせて。これも仕事上のお役目だから」の雰囲気がよく出ていますよ。
「日本文化は素晴らしい。あなたの学業分野はとても興味深い」はエクスキューズです。

そうです。2010-11年にMARIAGE BLANC(偽装結婚)、MARIAGE GRIS(詐欺婚)が大きな社会問題となりました。
それでCESEDA(外国人滞在管理法)に「滞在許可証の取得、国籍取得を目的とした結婚、子どもの認知を厳しく監督する」条項(CESEDA L623-1条)が緊急に設置されました。その郊外県の某市役所は、その後もこの問題を風化させることなく同条項を忠実に守っているということでしょう。


2018年1月6日  相談室  岡本宏嗣

LICENCIEMENT ECONOMIQUE(経済解雇)の通告を受けました。解雇手当、失業保険について教えてください。

質問。LICENCIEMENT ECONOMIQUE(経済解雇)の通告を受けました。年金受給の年齢ですが、解雇手当はもらえるのでしょうか。失業保険は適用されるのでしょうか。勤務歴は15年あります。

お答え・見立て。INDEMNITE DE LICENCIEMENT(解雇手当)はもらえます。
 「年金受給の年齢です、とあります」。雇用者側から「あなたの場合は、年金がもらえる年齢だから、年金手続さをしなさい=
解雇手当は払いません」を心配されているのでしょうか。それはありません。「雇用者側による強制定年退職」をMISE A LA RETRAITE PAR L’EMPLOYEURといいます。この場合の手当額も同じ計算方式です。        

解雇(退職)時の給与額(BRUT)を月額SMIC1500ユーロ、勤務歴を15年と仮定して手当額を試算します。
(1)勤務歴10年までについては、
1500ユーロ X 1/4x10年=3750ユーロ
(2)10年を越える5年については
1500 X 1/3x5年=2500ユーロ
(1)+(2)=6250ユーロ
という数字になります。SECU/COTISATIONは免除、IMPOT SUR REVENUEも課せられません未消化休暇も精算されます。
こちらはSECU とIMPOTが課されます。


失業手当については年金受給と関連します。年金受給は当人の年齢(生年)と関連します。年金受給資格年齢(62歳)、     年金満率受給資格年齢(67歳)の二つの資格年齢があり、失業手当との兼ね合いなります。POLE EMPLOIに相談してください。 仕組みは一応は知っておきたい、であれば、当滞在相談室をご利用ください。      

定期相談日 毎月第2木曜日、第4火曜日。予約制 01 4723 3358

2018年2月3日 相談室 岡本宏嗣
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR