FC2ブログ

Autoentrepreneur です。CFEについて教えてください。

質問。Autoentrepreneurです。CFEについて教えてください。去年税務署から何度もメールで税金の手続きがネットのみになるのでネット登録するようにと連絡がきたので登録しました。ところが、収入が少ないとネットで申告できないと書いてあったので、申告用紙が来るものと思い放置 しておりました。それなのに、一昨日税金が支払われていないと手紙を受け取りました。12月15日が期限だったそうです。 支払い請求はメールも手紙も来ませんでした。 あわててもう一度、夫に手伝ってもらいサイトを確認したところ、銀行の引き落とし登録がしていないので税金が未払いになっているとのこと。銀行手続きをして、税務署にその書類をおくりましたが、このまま何もせずに待っていればよいのでしょうか?それとも税務署に手紙を持って行って事情を説明したほう がよいのでしょうか?必要なことをすべて済ませたのか、正直なところ自信がありません。 支払いが遅れた場合はネット引き落としは次回に持ち越しと書いてあ りましたがTaxfoncier の支払いは1年に一回ですよね?ちなみに、昨年は、CESUによる支払いのみを受け取りAutoentrepreneurでの仕事は0だったのですが、 Tax foncierが200ユーロ近くかかるようです。仕事場を自宅で登録しており、Tax d'habitationはすでに支払い済みなのですが、収入がない場合、払い戻しなどはあるのでしょうか?
お答え・見立て。 事情がよくつかめません。結局のところ、CFEのDECLARATIONをしたのでしょうか。「Autoentrepreneurでの仕事収入はゼロだった」とありますので、ゼロ申告をしたということでしょうか。「一昨日税金が支払われていないと手紙を受け取りました。」ともあります。これはゼロ申告をしたにもかかわらず、そして「支払い請求はメールも手紙も来ませんでした」にもかかわらず、請求税額はゼロではなく「200ユーロ近い」数字になっていて、これが支払われていない、ということなのでしょうか。この筋読みがあっているかどうか、わかりませんが、そうだとしましょう。CFE(COTISATION FONCIERE ENTREPRISE DES ENTREPRISE)は、仕事場空間にかかる職業税とされています。自宅が仕事場であっても課税対象になる、とされています。収入がゼロであっても、ミニマム税額は請求される性質のものです。また、CFEはTAXE D’HABITATION(住居税)と同様に地方税ですから、ミニマム税額を超えてさらに減額になる裁量幅があるかもしれません。手堅い方法としては文面にあるように「税務署に手紙を持って行って事情を説明」して支払いを正常化させ、その上で、DEGREVEMENT(減額あるいは免額)の可否を問い合わせたらいかがでしょうか。動ごいてみる、これをお勧めします。
2016年Ⅰ月29日  滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



日本の家族の事情があり、ビジタービザの有効化手続きを諦め、急遽帰国することになったのですが、、、。

質問。最近ビジタービザで入国、OFII からの呼び出しを待っている状態です。日本の家族の事情があり、ビジターの有効化手続きを諦め、急遽帰国し落ち着き次第、家族呼び寄せを申請しようと考えております。 帰国の際、空港で詰問される可能性があるのか、また呼び寄せ申請の際、問題になるのか不安です。

お答え・見立て。VISITEUR VISAの有効化 (VALIDATION)手続きを放棄して日本へ帰国する、と理解します。OFIIに直接出向いても、VISITEUR VISAの無効化処理をしてくれない可能性があります。そこで、その旨を文書にします。A  PARIS( 場所の表記 )、le OO OOO 2016( 日付け )をお忘れなく。受理証明付き書留便(LETTRE RECOMMANDEE AVEC AVIS DE RECEPTION)で送付しておきましょう。パスポートの身分事項ページのコピー、VISITEUR VISAのコピーの同封をお忘れなく。そして、「こういう手紙を送っています」が示せるように、「送付物のコピー」と「このようにOFII は受理しています」のAVIS DE RECEPTIONを保管しておきましょう。トラぶった場合に提示出来るように。「こちらは、やるべきことはやったのです」の証拠を残しておくことでしょう。空港で詰問されることも、呼び寄せ申請の際、問題になることもないと見ますが、万が一に「トラぶった場合」の備えです。こちらから先走って事情釈明的に動かないことでしょう。
2016年Ⅰ月28日 滞在相談室   岡本宏嗣   

AE登録したのですが、Net entreprises、DSNとは何ですか? 

質問。当方はフランス人の配偶者ビザで滞在し、CDIで働いています。先日、一回だけ日本語翻訳の仕事を引き受けた際に、相手側に要求され、auto entrepreneurの登録をしました。
登録手続きが終わり、Siret番号を入手、収入報告をするために指示にしたがってs’ inscrire et declarerの情報を入力したところ、何故かauto entrepreneurのサイトから、net entrepriserのサイトに自動的に移動し、DSN(Declaration sociale nominative)というページにつながってしまいます。
AE手続きの進め方の例では、通常、自動引き落とし用の銀行口座入力等々があるはずなのに、全くそんなのはなく、DSNとはそもそも何なのか、意味も分からずに困っています。ちなみに、DSNの個人ページには私の名前とsiret番号はありますが、どのように収入を報告するのかとか、そういった情報 が全くありません。
AEのページに以下のようなQアンドAがありましたが、全く回答になっていないよ うな・・・
ブログ主宰者 ここで「以下のようなQアンドA」の仏文が入りますが省略します。
2015年10月の収入なので、早く申請しないと不当所得等で役所に呼び出されるのじゃないかとそわそわしています。 このDSNとはそもそも何なのか、AEとどういう関係なのでしょうか。

見立て。お答え・見立てが遅れました。すでに解決済みであればご容赦ください。また、質問文面と比較して「お答え・見立て」が不十分なことも、合わせてご免ください。                                            DSN(DECLARATION SOCIALE NOMINATIVE)は、EMPLOYEUR(雇用者)用のNET申告でしょう。従業員別に支払い給与額、SECU関係諸数字を申告します。具体的には会計士の作業ですね。また、時期的には2015年度の年間総報告(締切りは1月31日)ではないでしょうか。
ところで、AEは自営業者ですから雇用者にもなり得ますが、実質的には第三者を雇用して給与を支払う余裕はありません。従って、DSNをする(NET上、そのようになっていたとしても)意味はないと見ます。
それより、AEへの新規参入者はNET申告方式は避けた方がよいのではないでしょうか。質問文面からは「AE専業を開始したわけではなく」「本業はSALARIE(E))で、たまたまの臨時収入の処理」のように読めます。COURRIER(書類の郵送による処理)方式が安全でしょう。NET方式は、ソフトが開発途上にあって変則ケースに対応できないことがあり得ます。こちら側の操作ミスもあり得るでしょう。迷路に足を踏み入れてしまいかねません。DSNのように新規に導入された制度であればなおさらのことです。「COURRIER(郵送)方式は今後は打ち切ります」の時点まで粘り、残りたいですね。それだけNETトラブルが解決、改良されていると踏むことができましょう。
結論は、URSSAFに'行って、アナログ方式での解決の指示を仰ぐことでしょう。2015年4e TRIMESTRE(第4四半期)にOOOOユーロの仕事収入があったが、これを申告出来ないでいる、従ってCOTISATIONも支払えないでいる、を訴えます。「2015年10月の収入なので、早く申請しないと不当所得等で役所に呼び出されるのじゃないか、、、、、。」とあります。ご心配無用でしょう。その翻訳収入が「申告漏れ」として「役所」に捕捉されるのは当分先のことでしょう。捕捉されたとしても、それが巨額であれば別ですが、「呼び出される」などまずあり得ません。遅滞申告による罰則金(43ユーロでしたか?)が加算されることなしとしませんので、アナログ方式で解決してください。なお、冒頭で触れたように「この件は解決済み」であればご容赦ください。また、どのように解決となったか、報告いただければ当室としては大いに参考になります。
2016年Ⅰ月25日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣      

CARTE DE RESIDENTについてです。結婚によってこれまでの滞在年数がリセットされるのでしょうか?

質問。現在サラリエで5回目の更新も終わり、次回カルト・レジダンス(10年カード)の申請できるといわれています。このたびフランス人と結婚しようかと思いました。この場合、もし結婚したら、滞在許可証はどうなりますか?次回、カルト・レジダンスを申請ができる資格があるのに、結婚したらまた一から、VIE PRIVEE FAMILIALE になって、10年カードを申請できるのが、また3回目(また3年後?4年後?)の更新をしてからということになるのでしょうか?

お答え・見立て。「フランス国籍者と結婚しました」を滞在許可証の更新申請の理由に立てると、その可能性が高い、いや、そうなると見ておくべきでしょう。CARTE DE RESIDENTが発行される規定は様々にあります。①「フランス国籍者と婚姻し、共同生活が少なくとも3年以上なされていることを立証して、CARTE DE RESIDENTが4年目に発行される」は、その中の一つです。②「5年間、中断することなく滞在し、6年目に申請資格がある」もその中の一つです。①と②では適用される法規定が違います。①はCESEDA(外国人滞在管理法)のL.314-8-3°であり、②はL.314-8です。①と②が折衷されることは期待できません。質問者はSALARIE滞在5年を消化中で、次回には②を満たすということです。CARTE DE RESIDENTを1年でも早く欲しい、であれば②でCARTE DE RESIDENTを申請・取得したいですね。
2016年Ⅰ月25日  相談室  岡本宏嗣

MUTUELLEの加入義務について便乗質問をさせていただきます。

質問。SECUとASSURANCE MALADIEのページ(2016年Ⅰ月13日付け)を読ませていただき、『会社などに勤務する給与収入者(SALARIE)の場合は、今年2016年Ⅰ月1日からMUTUELLEへの加入が義務付けられています。雇用 者側(EMPLOYEUR)はその社員、従業員、職員など被用者(EMPLOYE(E)=SALARIE(E))をMUTUELLEに加入させねばならな い、ということです。』 とありましたが、加入するMutuelle は会社側が用意をする、ということなのでしょうか? その場合は、保険料は会社側が支払ってくれるのでしょうか?
それとも、会社側は、加入するように従業員に促すだけで(サラリエが)自ら保険会社を選んで加入しないといけないのでしょうか? 私はサラリエなのですが、1月に入ってから今のところ、Mutuelle についての説明は何も受けていないので、どうなのかなと疑問に思いました。

お答え・見立て。                                                             

(1)MUTUELLEは会社が団体加入します。加入人数によって団体割引料金がありましょう。MUTUELLE保険料の支払いは、もっとも一般的なのは雇用者(会社側)負担50%、当人(SALARIE)負担50%です。雇用者(会社側)負担は50%負担がミニマムラインで、50%以下は認められていません。毎月の給与から、MUTUELLE/MUTUELLE  SANTE,/SANTE COMPLEMENTAIREといった名目で差し引かれます。給与明細((FICHE DE PAIE/BULLETIN DE SALAIRES)で確認してください。保険会社から各個人宛てのATTESTATIONが発行されます。会社宛てにまとめて送付されてくるのが通常です。各人は会社からATTESTATIONを受け取ることになります。

(2)今回の法改定は、MUTUELLEへの加入を雇用者(会社等組織)に義務付けたこと。そして従来のMUTUELLEが新方式になったこと、この2点が主要ポイントです。従来のMUTUELLEと新方式のMUTUELLはどう違うのか、ですが、ASSURANCE MALADIEが70%カヴァー、MUTUELLEが30%カヴァーの基本に変更はありません。ここでは触れません。                                                             
①未加入の会社は、2015末までに新方式で加入すること。                                

②加入済みの会社は2017年末までに新方式に切り替えること。

以上から、判断してください。①の場合は、ただ単に手続きが遅れていることもあり得ましょう。②の場合は未だ猶予があるということです。
2016年Ⅰ月22日  相談室  岡本宏嗣

ビジタービザから商工業活動可能なビザへ変更できるでしょうか。 

質問。現在、ビジタービザ(滞在許可証も同様です)でパリ市内に滞在しているものなのですが、(2年目です)商業活動が可能な滞在許可証に身分を変更したいと考えております(就職などではなく個人事業の新規開業)。
こうした変更の手続きは、日本に帰国することなくこちらでも可能なのでしょうか?
おそらくかなり大変かと思うのですが、アドバイスをお願いいたします。
見立て。VISITEUR  VISAを取得して渡仏し、現在、VISITEUR(の滞在身分=STATUT)の滞在許可証を所持してパリ市内に滞在している。このVISITEUR(の滞在身分=STATUT)を個人事業(の滞在身分=STATUT)に変更 (CHANGEMENT DE STATUT)したいが、それは可能か。                                   
質問をこのように理解しました。 PARIS―PREFECTURE DE POLICEでは変更申請を受け付ける。審査がある。その結果、許可される、あるいは却下される。変更が認められた過去の実例も相当数あります。却下された例もあります。申請の内容次第と見るべきでしょう。これを全PREFECTURE(県庁)一律の対応と見ないことです。他県にあっては「そもそもVISITEUR滞在からの変更は受け付けない」のポジションをとるPREFECTURE(県庁)もあるでしょう。フランス本土は95県、95PREFECTURE(県庁)から成ります。
(1)個人事業とあります。個人事業といっても、その職種から(a)COMMERCANT-INDUSTRIEL(商工業)、(b)ARTISAN(手工業・手工芸業)、(c)自由職業(PROFESSION LIBERALE/PL)に分かれます。また、職業収入の数字(年間)の見込みから(d)AUTO-ENTREPRENEUR/AE)があります。AEは、さらに(d-a)AE-COMMERCANT-INDUSTRIEL、(d-b)AE-ARTISAN、(d-c)AE-PLの3種に分かれ、複雑です。加えて、「(c)」と「(c)以外」とはPREFECTUREの中でも窓口オフィスが異なっています。まずは、質問者Aさんが職業展開したい職種はどこに所属するか、です。 次に、申請に当たっては、審査されるポイントに周到に準備・対応しておく必要がありましょう。                                               

(2)審査ポイントは、当たり前のことですが、①資格・経験。②事業資金。③営業計画。この3点です。
①その職種での職業資格、職業経験。日本で取得した資格であれば要・法定翻訳。職業経験についてはCVがそれに当たりましょう。その職種でOO賞受賞・入賞など表彰歴があれば大いなるプラス材料です。フランス語についてはVISITEUR滞在期に学んだであろう「OO教程習得証明」「OOコース修了証明」といったものになりましょう。
②事業(準備)資金。会社設立の最小出資額は長らく7500ユーロでした(現在は出資金1ユーロから設立可能)。これを踏まえると、個人事業でも7500ユーロ以上の準備金があれば100点満点、5000ユーロ見当が合格ラインでしょうか。もちろん、職種にもよりますが。
③向こう3年間のビジネス・プラン(PROJET DES ACTIVITES PROFESSIONNELLES)(「向こう“5年間”提出のこと」とされたケースが最近、複数件あり)。ビジネス・プランには予定される営業先名、取引先名など具体性が問われれましょう。抽象的な作文は「内容が薄い、弱い」の判定になりましょう。

(3)質問者Aさんの職業・職種がわかりませんので一般論です。学生滞在者は年間964時間上限で労働出来ますから、例えば3年間の学生滞在の期間中に営業関係、取引先関係を開拓して「独立した際にはよろしく」の事前運動、準備運動が効きます。事業計画にも具体性が出ましょう。この点、VISITEUR滞在者はVISITEUR滞在の許容範囲内での準備になりますので、なかなかに難しいことがあるのかもしれません。あくまでも一般論です。職業・職種ジャンルによっては、そうでもないのかもしれませんが、。

2016年Ⅰ月19日   滞在相談室  担当  岡本宏嗣

現在SECUについて困っていることがあります。SECUとASSURANCE MALADIEの仕組みもよくわかりません。

質問。現在SECUについて困っていることがあります。私は29歳を超えてフランスの大学に入学したのですが、最初の1 年は(面倒で)保険に入らずに過ごしていました。CMU-Cの制度があることを知り2年目に手続きをはじめ、結果的に権利がもらえたのは約7か月後。それでもセキュ番号と1年の権利をもらえただけありがたいのですが、そのカバーは2015年の12月まででした。
2015年2月から学生ビザの範囲でバイト(年間980時間以内) をしていたので、私はバイト先のAssurance Maradieに入っていると思っていたのですが、どうやら加入はしていないとのこと。
あわてて、CMU-Cの更新の用紙を期限前の11月末に出しました。
問題はここからです。4月から大学の必須科目でstageを6か月するにあたり、大学からattestation couverture assurance maladieを提出するように言われてます。(受け入れ先は決まっています)。 現在は、CMU-Cの連絡待ちですが、前回のことがあり(書類が足りないなどの 3度ほどの往復)1-2か月で返事がもらえることは期待してません。
そこで、民間のassurance maladieを探そうと思っているのですが、通常こちらではいくらバイトでも労働を始めると、自動的にセキュに加入させられる、と聞いておりました。こちらで何か手続きが足りなかったのでしょうか?(例えば私がCMU-Cだったから入れないなど)担当者に聞いたのですが、任意で入れるといわれてしまいま した。 また、私の主人は学生のセキュに入っているので、その被扶養者として一緒に加入できるというような情報も見かけたのですが、自分の理解力に自信が ありません。
長くなって申し訳ません、そもそもAssurance MaladieとSécurité Socialeの構造が分かっておらず、民間のAssurance Maradieなら短期間で証明書を発行してもらえるだろう、と思っているのですが、あまり時間をかけずにAssurance Maradieに入れる制度をもしご存知でしたらご教示お願いできないでしょうか。
お答え・見立て。                                                                   CMU-BとCMU-C、SECU(の中の)主要保険であるASSURANCE MALADIEとMUTUELLEの区別が錯綜しているように見えます。「そんなことは分かっています」があるかもしれませんが、一つ一つほどいてみます。                        

(A)私の主人は学生のSECUに入っているので、その被扶養者として一緒に加入できるというような情報も見かけた」とあります。その通りです。MADAME. (A)に診療費の出費があった場合、夫であるMONSIEUR(A)の学生SECUが行使できる、ということです。この場合、MONSIEUR(A)をASSURE(E)被保険者といいます。学生SECUに加入している当人、これがASSURE(E) 被保険者当人です。一方、MADAME. (A)はSECU番号(終身番号)はもっているものの、収入がなく保険料を払う状況にない。従って診療費の払い戻しが効かない。こうした場合は、AYANT DROIT(扶養家族)としてMONSIEUR(A)の保険が有効ということです。診療費の払い戻し請求者はASSURE被保険人MONSIEUR(A)です。「この度、私の妻がこれこれの病気で診療出費が生じましたので、ご返済いただきたくお願いいたします」ということですね。AYANT DROIT(扶養家族)としての登録は、結婚証明(ACTE DE MARIAGE)その他の書類(双方のCARTE VITALE、CARTE DE SEJOUR,、住居証明など)を携えて学生SECU窓口(LMDEあるいはSEMEREP)で行います。以上のことは、学生SECUに限りません。SECU(後述)、より正確にいえば、SECUの中の主要保険であるASSURANCE MALADIE(健康保険)でのASSURE(E)(被保険者当人)とAYANT DROIT(扶養家族)の基本的関係です。                                              
(B)上記(A)では、説明の都合上、MONSIEUR(A)をASSURE被保険人、MADAME. (A)をAYANT DROIT(扶養家族)と設定しましたが、その逆になることも大いにあり得ます。MONSIEUR(A)が28歳を超えて学生SECUに留まれなくなった、一方MADAME. (A)は仕事を得て((964時間の範囲内で)毎月の給与(SALAIRES)からSECU保険料を払い出した(毎月の給与からの自動天引き)。こうした状況では、MADAME. (A)がASSUREE被保険者当人、MONSIEUR(A)がAYANT DROIT(扶養家族)になります。また、双方の保険がそれぞれ独自に有効な場合は、双方ともがASSURE(E)です。

(C))ところでMONSIEUR(A)はSECU番号(終身番号です)を持っています。MADAME. (A)もSECU番号(終身番号です)があります。この二つの番号を銀行口座に見立ててください。MONSIEUR(A)のSECU口座にはMONSIEUR(A)のSECU保険料支払い歴が記録されます。MADAME. (A)のSECU口座にはMADAME. (A)のSECU保険料支払い歴が記録されます。CMU-B(後述)に登録しているのでSECU保険料が免除されている現状であれば、その旨の記載が加わりましょう。そして、この二人のSECU口座は、本来、連携関係・連絡関係にあるべきもの、ということです。一方の口座に不都合があった場合はもう一方の口座が発動するということです。連携、連絡関係にない場合は、一方の保険金支払い事情に変化があった際にDECLARATION DE CHANGEMENT DE SITUATION(事情変更届出)をします。AYANT DROIT登録の届出もその一つです。なお、2016年Ⅰ月1日からPUMA(PROTECTION UNIVERSELLE MALADIE)という新制度がスタートし、保険金支払い事情に変化があっても、その都度、DECLARATION DE CHANGEMENT DE SITUATION(事情変更届出)を出すに及ばず、となったようです。PUMAは、スタートしたばかり、具体的にはまだつかめません。ここでは無視します。 

(D)SECURITE SOCIALE(略称SECU)は総合社会保障です。SECUの内訳は、ASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)、ASSURANCE VIEILLESSE(年金保険)、 DECES(死亡)、INVALIDITE(労働不能)などです。会社などに勤務して給与収入を得ている場合は、これら諸保険料が一括して給与から自動天引きされます。ASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)料は差し引かれても可、ASSURANCE VIEILLESSE(年金保険)料は今後いつまでフランスにいるか不透明だから外してくれ、という選択はできません。一括差し引き方式です。一方、学生SECU,、そしてCMUーB(後述)は、総合社会保障としてのSECUからASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)部分だけを抜き取った制度です。学生SECUとは実はASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)です。CMUーBとはASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)です。ASSURANCE MALADIE MATERNITE(健康保険)はMATERNITE (出産)をカットして、ASSURANCE MALADIEと略されることが多いのですが、両者は同じものです。念のため。以下ASSURANCE MALADIE とします。                                                                    
(E)質問文面にCMU―Cが2回登場しますが、どうにもよくつかめません。「CMU-Cの制度があることを知り2年目に手続きをはじめ、結果的に権利がもらえたのは約7か月後。それでもセキュ番号と1年の権利をもらえただけありがたいのですが、、」が,一番目。「私はバイト先のAssurance Maradieに入っていると思っていたのですが、どうやら加入はしていないとのこと。 あわてて、CMU-Cの更新の用紙を期限前の11月末に出しました」が二番目です。CMU―Cに言及する前に、基本的整理が必要なようです。                                    
(F)先に触れたASSURANCE MALADIE は、診療費の70%(上限)をカヴァーするのが基本です(もちろん例外はあります。出産やAFFECTION DE LOMGUE DUREE (ALD 長期治療を必要とされている指定病)は100%です)。もちろん公共健康保険で、70%カヴァーですから主・健康保険といえましょう。そして、残りの30%、これをカヴァーするのがMUTUELLE(ムチュエル)です。副・健康保険、補助・健康保険といえましょう。MUTUELLEは民間保険会社の保険です。SECU公庫からの援助はあるものの民間保険会社の保険商品です。この主・健康保険と補助・健康保険の関係をCMU(COUVERTURE MALADIE UNIVERSELLE)に当てはめますと、

①CMU-BASEが主・健康保険になります。70%カヴァーです、BASEは基礎、基本に意味です。略してCMU―Bです。          
②そして、残りの20%をカヴァーする補助・健康保険がCMU―COMPLEMENTAIREです。COMPLEMENTAIREは補助の、補足のトいった意味です。略してCMU―Cです。つまりCMU―C =MUTUELLE(ムチュエル)です。                                
ところで、CMU―Cへの加入には収入制限があります。カップル(子どもなし))は年額12967ユーロ、月額1081ユーロとされています。CMU―Cに保険料はありません。ゼロユーロです。収入制限数字を越えている場合は加入できないだけです。また、CMU―C はMUTUELLE(ムチュエル)ですから民間保険の管轄です。CMUが認定した保険会社の窓口リスト(配布されます)から選ぶことになります。         

(G)CMU-B、CMU-Cとも、10月1日―翌年9月30日を1年としていて、毎年、更改する方式です。自動更新ではありません。8月上・中旬には「前年度の収入数字を知らせよ」の調書が送付されて来ます。CMU-Bは前年度の収入数字によって保険料が変わります(年間収入9601ユーロまでは保険料免除)。CMU-Cは、収入制限がありますから、前年度の収入数字によって可・不可の変化があり得るわけです。                                                     

(H)質問文面に「大学からattestation couverture assurance maladieを提出するように言われてます。」とありますが、これは主・健康保険のASSURANCE MALADIEのことです。CMUではCMU-Bに当たります。MUTUELLEあるいはCMU-Cは任意保険で加入義務はありません。「そもそもが健康ですから病院のお世話になることが少ない。70%のカヴァーで充分です。30%は自己負担します」の人は結構いると思います。会社などに勤務する給与収入者(SALARIE)の場合は、今年2016年Ⅰ月1日からMUTUELLEへの加入が義務付けられています。雇用者側(EMPLOYEUR)はその社員、従業員、職員など被用者(EMPLOYE(E)=SALARIE(E))をMUTUELLEに加入させねばならない、ということです。このⅠ月からです。こうしたMUTUELLEの性質、事情からattestation couverture assurance maladieは、補助・健康保険ではなく、主・健康保険としてのASSURANCE MALADIEあるいはCMU-Bであることは明らかでしょう。これは、ATTESTATION DE DROITS A L’ASSURANCE MALADIEでよいのではないでしょうか。SECU番号でサイトでも出せます。CMU-B加入であるとか、AYANT DROITであるとかはサイト作業に関係しません。ATTESTATIONには記されていましょう。但し、発行日から起算して6か月間限定の証明です。「あなたのASSURANCE MALADIEの有効期間はOOO年OO月OO日までです」という証明ではあり得ません。                                                   
(I)「民間のAssurance Maradieなら短期間で証明書を発行してもらえるだろう、と思っているのですが、あまり時間をかけずにAssurance Maradieに入れる制度をもしご存知でしたらご教示お願いできないでしょうか」とあります。以上の説明から、なおかつ民間の保険が必要と判断されれば、okamoto@nihonjinkai.frへメールをください。公開ブログで特定の保険会社名を挙げることは避けたいと思います。
2016年Ⅰ月13日   相談室  岡本宏嗣

「フランス/パリ滞在質問箱」に時折割り込んで掲載(第3回)  私書函版「フランス/パリ・子育て雑記」

これはブログ「フランス/パリ滞在質問箱」ではありません。
「フランス/パリ滞在質問箱」に時折割り込んで掲載(第3回) 
私書函版「フランス/パリ・子育て雑記」

第3回 未熟児(PREMATURE・プレマチュレ(2) 
              
長男の名前「まるろ」についてひとこと。前章で「カタカナのマルロではなく、ひらがなの“まるろ”がいい。マルローの音だけをもらおう」と書きました。MALRAUXは日本ではカタカナで「マルロー」と記されています。「マルローの音だけをもらおう」は正確ではないでしょう。「マルロー」をひらがなで「まるろ」にしただけのことです。
「まるろ」をヘボン式でローマ字表記するとMARUROになります。MARUROからMALRAUXを想起するフランス(語)人は皆無でしょう。両者は、スペルも発音も全く違う別世界の言葉のようです。MARUROには日本(語)人―ここでは父親の僕、母親の家内ですが―が苦手とする「R」が二つ入っています。MALRAUXには「L」と「R」が続いています。「L」と「R」は全くの別音で、「LR」と続く音の発声は日本(語)人にはなかなか難しい。フランス(語)人はMARURO、MALRAUXの発声を自在に使い分けますが、僕たち日本(語)人には困難です。「まるろ」と「マルロー」は日本語としては音声的に、発声的に同じで、ひらがなとカタカナの視覚的な違いしかありません。フランス語のMARUROの「RURO」は舌をねじったり唇をすぼめたりしないと出ない音です。そんな無理をして自分の息子の名前を呼ぶ親はいないということです。
当人はどうなのか、「まるろ」と「MARURO」の全くの別音をどう扱っているのか、質したことがあります。両親や日本の親族には日本語発音の「まるろ」、フランスの学友や友人などにはフランス語発音の「MARURO」の使い分けをしているといいます。相手によって自動的、無意識的に音声スイッチが切り変わるのだそうです。  
*      
日本では別の事情が介在して来ます。「まるろが幼稚園を終えて、この9月新学期から小学生です」と書き送っても「未熟児で誕生したマルロー君がもう小学生ですか。進学、おめてとう。」の返事が戻ってきます。この事情は、何年経ってもかわりません。「この度、ロンドン在住の長男まるろが、その地で嫁さんを見つけて結婚しました」のメール報告には「マルロー君が結婚しましたか。一昨年、東京で会った折には適当な相手がいないような口ぶりでしたが、おめでとうとお伝えください」です。僕の年代には、それほどマルローの知名度が高い、ということでしょうか。「まるろ」が日本人の名前として目にも耳になじまない、「マルロー」しか想起させないということなのでしょうか。
ここらあたりで入り組んだ名前談義、発音談義は終わりにします。今後は長男とします。
                 *
約2か月後。長男は産院の特定集中治療室を出ました。体重は1500グラム見当増えて、退院時は2750グラム見当でした。退院時には小児科医による体重の増加促進のための乳児食特別メニューが指示されました。メニューはCARNET DE SANTE(健康手帳)に走り書きされたもので、失礼ながらミミズののたくり、判読不能なので薬局(PHARMACIE)で解読してもらったのでした。
粉ミルクは銘柄が指定され、いくつかの添加ジアスターゼを加える、ということでした。4-5種類のジアスターゼの指示あり、それを同時にではなく、1日数回の授乳の際に、ジアスターゼAは毎回、それにジアスターゼBを加える、次回の授乳にはC,次々回はD、、、、を加えるローテーション方式なのでした。
                 *
余談になります。1975年8月のことです。長男は、この時期にはまるまると太って、未熟児ならぬ過熟児になっていました。たまたま日本の新聞を読んでいたらこんな記事が目に入りました。加山雄三・松本めぐみ夫妻のお子さんが未熟児で誕生し、産院の特定集中治療室に預けたまま旅行に出かけた、親として無責任ではないか、の非難が集まっているという記事でした。私たち夫婦も首をすくめたものです。  というのも、産院からの二度目の「引き取り」通知で産院に出向いたからです。一度目の通知には「まあ、近々に」とのんびり構えていたところ、「引き取りがないことに驚いています。育児責任の放棄は許されません」といった文意の叱責の手紙、それが二度目の通知状なのですが、あわてて産院に駆けつけました。「こんな狭い部屋に未熟児を引き取るより、一日でも長く産院の専門育児室にいた方が、、、、」の逃げ腰だったのでしょう。
                *
最大の心配事、産院会計から診療費支払いの通知が送付されてきた時期とも重なりました。
家内の出産費は何とか払えるだろう、未熟児費用は見当もつかないが一体いくらくらいになるのだろう、が正直なところとでした。ところが、家内の出産・入院費がいくら、長男の特定集中治療費用がいくら、合わせていくら払え、の請求書ではありませんでした。SECURITE SOCIALE(セキュリテ・ソーシャル・略称SECUセキュ / 社会保障)の番号を至急に知らせよというものでした。健康保険を含む社会保険番号です。この公立産院の会計課は健康保険公庫との間で診療費を精算する方式をとっていることがわかりました。産院会計には診療費の処理上、SECU番号だけが必要なのでした。
                 *
家内の出産はもとより、誕生後の子どもの育児や健康管理には、フランスの社会保険、通称セキュリテ・ソシャル(SECURITE SOCIALE)、略称セキュ(SECU)と呼ぶ公共保険に加入していないことには滞在生活は維持、継続できない、この程度の情報収集はしていました。もとより、初めての子どもが未熟児で出生するなど想定外のことでしたが。
それで、前年の1973年にはSECU(セキュ)加入を模索していたのです。この時期に分かっていたことは、ほぼ次のようなことでした。
①セキュ(SECU)は出産費用を100%カヴァーしてくれること。
②外国人(日本人)でセキュ(SECU)に加入していて出産した体験者からも取材しました。 周囲を見渡すと、自分も含め、滞在許可証、労働許可証を所持して会社に勤務している人のみがセキュ(SECU)に加入しているようだ。加入手続きは会社側が処理してくれたので加入登録窓口がどこなのかも判然としない。セキュ(SECU)保険料は毎月の給与から自動天引きされている。診療費の払い戻しは居住地区ごとに健康保険払い戻し事務所CPAM(CAISSE PRIMAIRE ASSURANCE MALADIE MATERNITE)がある。出産については同事務所で手続きをして出産手帳(CARNET DE MATERNITE)をもらった。その手帳に定期検診・検査票、入院票などが綴じ込まれていて、それを産院会計に提出してきた。検診・検査、入院・分娩などの費用は綴じ込み票の提出のみ。もっぱら産院会計と健康保険公庫との間の精算業務のようで、出産を終えて退院する際も会計窓口ではセキュ(SECU)でカヴァーされない雑費を支払っただけである。このようなことでした。
③僕のように、日本での蓄えを崩したり、日本に書き送った原稿料収入などによる送金生活者向けのセキュ(SECU)制度は存在していないようでした。(現在はCMU(COUVERTURE MALADIE UNIVERSELLE)という制度がありますが、これは2000年から始まった制度です)。ASSURANCE VOLONTAIRE(任意保険)という制度もあったのですが、市(MAIRIE)の生活相談課(ASSISTANCE SOCIALE)は教えてくれませんでした。後年に得た知識では、保険料が高いので,相談に応じてくれたASSISTANTE SOCIALE(相談員)が意図的に説明から除外したのかも知れません。
④学生についても調べました。大学生はフランス人、外国人を問わず28歳までは、学生保険機構(REGIME D’ETUDIANT DE SECURITE SOCIALE)があるようでした。僕も家内もフランスの大学に登録しているわけではないので該当しないのでした。                           
ここで、本題から外れるのですが、触れておきたいことがあります。自分に該当しないことは追求を止めてしまいがちだということです。例えば「学生保険について」の案内冊子を入手したとします。冒頭に「加入資格は28歳」とあります。僕は30歳だから該当しない、大学生でもない、これで終わり。その先は読まないのです。自分に該当しないことについて仏和辞書を引き引き挑戦する気にはなれません。そんな時間はない、になります。もう一歩踏み込んでいえば「読まない」ではなく「読めない」のではないでしょうか。仏和辞書を引き引き、その制度や仕組みをつかもうにも内容が読み取れない。逆説的にいえば、その制度や仕組みについてある程度の予備知識があれば「なるほど、そういうことか」になって読み取れる。こういう関係ではないでしょうか。これは一般的なことでもあり、僕自身のことでもあります。
さて、僕自身です。この時期に学生セキュ(SECU)について調べた際に、自分に該当しないことはすぐわかりました。それで終わりとしたのか、それでも一応は全体をつかんでおこうとしたのか、記憶が定かではありません。後で得た情報、後知識かもしれません。それはこういうことです。日本人の学生は「28歳以下でも学生セキュ(SECU)に加入できない」です(フランス政府給費留学生は特別加入出来たと記憶しています)。フランスと協定のあるヨーロッパ諸国、アフリカ諸国の学生が加入登録できるのでした。学生セキュ(SECU)は毎年9月新学期(RENTREE UNIVERSITAIRE)に、学籍登録の手続をする際にセキュ(SECU)保険料、ムチュエル(MUTUELLE)保険料の双方を払う方式です。学生セキュ(SECU)は80%カヴァー(当時。現在は70%)、ムチュエル(MUTUELLE)は補助保険で残りの20%カヴァー(当時。現在は30%)という仕組みでした。しかもです、この二つの保険料をMNEF(現在のLMDE)とかSMEREPとかの代行機関が徴収し、払い戻しもしている。こういう複雑な事情です。
日本人学生は学生セキュ(SECU)には加入できないので、MNEF(現在のLMDE)なりSMEREPなりにムチュエル(MUTUELLE)保険料のみを支払っているのですが、当人は学生セキュ(SECU)に加入しています、そう思い込んでいた日本人学生が多かったのではないでしょうか。
日本人学生がセキュ(SECU)の学生保険機構に加入できるようになったのは1988年からです。
                *
引き続き、僕自身そして僕たち夫婦のことに戻ります。不充分ながらもこうしたSECU事情の情報収集で得た結論は、家内が職についてSECUに加入する、でした。そのために前年の1973年秋口から動いていたのですが、その首尾を得ないまま早産になってしまったのでした。
2016年1月11日 記  岡本宏嗣

Auto-Entrepreneu (AE)に関しての質問です。

質問。Auto-Entrepreneu (AE)に関しての質問です。 仏人と婚姻関係にあり、今現在10年ビザを保持しています。 近々A-Eの申請をしようと考えています。 コンサルタント業で主に日本在住の方(と企業)が顧客となりそうです。 私の日本の口座に日本円で報酬を振り込んで頂くことになるのですが、 その場合、こちらでの申請はどのようにしたらいいのでしょうか?
(1)日本口座に振り込みがあった月に必ずフランス口座に送金しなければいけないのでしょうか?
それとも何か月分かまとめて送金してもいいのでしょうか? 当面は報酬が少ないと思います。毎月の送金だと送金手数料がかさみますので可能であればまとめて数ヶ月に一回振り込みたいと思っています。
(2).もし数か月分の報酬をまとめて日本から送金するのが可能な場合、 フランスの口座に入金された月の報酬として申告すればいいのでしょうか? それとも、日本の口座に振り込まれた月の報酬としてでしょうか?もしその場合、どの換算レートを参照すればいいのでしょうか?

お答え・見立て。質問者Aさんの場合はCARTE DE RESIDENT(通称10年カード)を持っていますから、滞在許可証の「毎年の更新」がありません。毎年の更新があるとPREFECTURE-AEセクションで「過去1年にこれだけAEとしての収入がありました」と前年度実績数字を証明する各種書類を提出しなければなりません。審査担当者には厳格なタイプ、おおらかなタイプ、その中間など様々でしょうが、AE口座(入・出金)、FACTURE、社会保障費関連、所得申告関連の書類は整えておく必要がありましょう。 Aさんにはそうしたチェックがありません。申告が誠実で数字にゴマカシがなければ、怖いものはありません。ということで,

(1)AE収入の申告 (URSSAFあるいはRSIなどその下部に位置する公庫)は、AE登録時に選択します。。TRIMESTRE方式(3か月ごとに年4回申告)が一般的ですが、SEMESTR方式E(年2回申告)でもよいのではないでしょうか。つまり、年2回、日本の口座から動かすということです。年1回申告も選択肢にあれば、それでもよさそうです。 

(2)着金数字(ユーロ)でよいでしょう。

以上の見立ては、文面にある「コンサルタント業」(年間32900ユーロ上限)であること、「当面は報酬が少ないと思います」の文言から申し上げています。税務関係(REGIME FISCAL)や社会保障費関連(REGIME SOCIALE)が目を光らせる規模ではなさそうだ、という意味です。

2016年Ⅰ月11日  滞在相談室  担当 岡本宏嗣

ワーホリビザについての質問です。

質問。ワーキングホリデーのビザを取りたいと思っています。
1。 「入国する日」について、
申請するときに記入した入国予定日が変わっても、問題なく入国できますか?
実際に入国する日にちが変わっても、ビザは有効ですか?
例えばビザ申請のときは2月1日入国予定にしていて、実際に入国する日がそれより遅い2月20日になってしまったとしても、フランスにワーホリビザで入国することは可能ですよね?(ビザの有効期限は延長されないことは分かっています。)
「 ワーキングホリデービザの有効期限、フランスに入国した日から1年。入国する日付はビザ申請時に決まっていること」
と書いてあります。 入国日はそこで決めた日でしか絶対にいけないのでしょうか。 もしもその日に到着しなかったらビザは使えなくなってしまうのか、
あるいは、 ビザの有効スタートの日がその日になるだけで、入国日はその日以降であればいつでも良いのでしょうか。
私の理解では、入国予定日は、ビザが有効になる日の開始の日であり、 その日に入国しないとビザは無効になる、というわけではないと思っています。
2。フランスにワーホリで入国する前にまずスペインで2ヶ月語学留学したいと思っています。 まず日本からスペインに、シェンゲン協定で入国して2ヵ月後に、
スペインから陸路でフランスへ入って、 その時からフランスのワーホリビザの利用でフランスへ入国をすることは可能ですか?
または、一旦スペインからイギリスへ出て、イギリスからフランスワーホリビザで入国は可能ですか。
その場合、ワーホリビザ申請のフランスへの入国予定日はスペインからフランスへ入る予定である2ヵ月後の日にちで良いですか。

見立て。フランス入国について、ワーホリビザ=VISA VACANCES TRAVAILが他の長期滞在VISAとは異なっているのであれば、当室ではわかりません。長期滞在VISAは通常はこうではないでしょうか。
(1)入国時期についてはいつからいつまでにフランス入国のこと、の期間幅があるのではないでしょうか。O月O日といった定点的なものではないでしょう。当人の身辺事情もあるでしょう。飛行便が取れない、こともあるでしょう。但し、その期間内に入国しなかった場合は、VISAは無効とされ、再VISA申請になるのではないでしょうか。ワーホリビザ=VISA VACANCES TRAVAILは「前回もらったVISAは諸般の事情が発生して、結局、使いませんでした。再申請します」は不可、は大いにあり得ましょう。
(2)通常は、まずフランスに入国滞在し、その滞在期間中にスペインに旅行してフランスに戻る、英国に行ってフランスに戻る、でしょう。ワーホリビザ=VISA VACANCES TRAVAILの有効期間中{1年}は、フランスに住居を構えつつ、自由に近隣諸国に旅行が出来ましょう。他の長期滞在VISAの場合は、OFII(移民局)でのVISA有効化手続きがあったり、PREFECTUREでの滞在許可証申請・取得手続きがあったりで、入国後直ちには動きにくい事情が発生します。この点、ワーホリビザ=VISA VACANCES TRAVAILには、そうした制約はないので自由といえましょう。但し、事前にフランスの職場との労働契約(O月O日より勤務開始)があれば別です。
(3)日本からシェンゲン協定国のA国に入国し、A国を旅行しながら(場合によってはB国にも立ち寄り)、A国もしくはB国からフランスに入国(期限内に)する、これが正当なものかどうかはわかりません。実際にトラブルが発生しなくても「正当な入国ではない」はあり得ることですので。フランス大使館に問い合わせてください。通常は、(2)に記したように、まずはVISA発給国フランスに入国し、その後、近隣諸国へ旅行する、ということでしょう。
2016年Ⅰ月5日  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

APS(Autorisation provisoire de séjour )について質問です。

質問。パリのモード学校のpost-graduate course と呼ばれるコースを2015年6月に卒業し、その後スタージュを12月までしていました。
そこで、Autorisation provisoire de séjour délivrée au jeune diplômé étrangerこちらの滞在許可証について質問があります。
 https://www.service-public.fr/particuliers/vosdroits/F17319
 この提出書類についてですが、
*les indications relatives à votre état civil,
*3 photos,
*votre carte de séjour étudiant en cours de validité,
*un diplôme au moins équivalent au master délivré par un établissement d'enseignement supérieur habilité au plan national (vous pouvez produire cette pièce après, mais dans ce cas vous devez présenter une attestation de réussite).
les indications relatives à votre état civilは戸籍抄本でも大丈夫でしょうか?また戸籍抄本原本と翻訳が発行されたのが2年近く前のものですが、大丈夫でしょうか?
それから、現在ㇾセピセでの滞在になっているためvotre carte de séjour étudiant en cours de validitéにㇾセピセを提出することは可能ですか?前回の学生ビザは10月31日に失効しましたが、スタージュ契約により延長更新されて2016年 2月3日までのㇾセピセが発行されましたが、本滞在許可証を受領するRDVがないことからㇾセピセで終わりだと思っていますが、そのへんはどのようになっ ているのでしょう。prefecture de policeに行けば正規の滞在許可証は発行されるのでしょうか?(以下にも質問文は続きますが、質問内容と直接には関係しないことなので省略します)。
お答え・見立て。APSは少なくともMASTER以上のDIPLOME取得者(取得予定者含む)を対象にしたPROVISORE(臨時の、仮の)滞在許可証です。          1年期限、更新はありません。JEUNE DIPLOME(=日本でいう新卒)には1年の求職猶予期間を与えるので、その1年間に仕事を探しなさい。仕事が見つからなかった場合は(APSの更新はないので)、自国へお帰りなさい、というものです。                                              
(1)モード学校の学制について知識がありません。質問者が手にしているDIPLOMEあるいはスタージュを終えて発行されるDIPLOMEはMASTER認定なのでしょうか、あるいはMASTERとEQUIVALENCE(相当、同等)認定でしょうか。この点を学校事務局に確認してください。                            
(2)戸籍抄本でも一向に構いませんが、2年近く前は古すぎるとされる可能性がゼロとはいえません。正確にいえばこういうことです。「ETAT-CIVILに有効期限はない。但し、提出を要求する側が「古すぎる」として新規発行のものを請求することはできる」(2000年12月26日付政令第5条の規定)。                    
(3)2016年2月3日のRECEPISSE満期時点で上記(1)の条件(MASTER認定)を満たしていればAP)が発行されましょう。
 2016年Ⅰ月5日  滞在相談室  岡本宏嗣

「フランス/パリ滞在質問箱」に時折割り込んで掲載(第2回)  私書函版「フランス/パリ・子育て雑記」

「フランス/パリ滞在質問箱」に時折割り込んで掲載(第2回) 
私書函版「フランス/パリ・子育て雑記」

第2回 未熟児(PREMATURE・プレマチュレ(1)                           
40年も前のことです。1974年3月22日午後、エソンヌ(ESSONNE)県のヴェリエール・ル・ビュイソン(VERRIERES LE BUISSON)という場所にいました。ヴェリエール・ル・ビュイソンは同市の案内によれば、パリから南西に14kmの地点、とされています。
さて、ここに1冊の本があります。竹本忠雄著「マルローとの対話」(1996年、人文書院刊)。
アンドレ・マルローANDRE MALRAUX(1901-1976)との8回にわたる対話を詳細に記録したもので、その131ページに「第三の対話 1974年3月22日 ヴェリエール」とあります。
私は日本では出版社に勤務して週刊誌の編集をしていたことから、アンドレ・マルロー研究家の竹本忠雄先生(現筑波大学名誉教授)とは連絡がありました。こんなことがありました。マルローは、1971年、バングラディッシュがパキスタンから独立する際の独立戦争で、その義勇軍に参加意志があることを表明したのでした。日本から在パリの竹本忠雄先生に「アンドレ・マルローの義勇軍参戦の真意やいかに」の独占会見記を依頼し、同誌に掲載した経緯がありました。1972年4月に同先生を頼ってパリに来て2年目、そんな時期のことです。
「岡本君も一度マルローに会ってみませんか」の誘いに乗って、カバン持ちとして1974年3月22日、後年「マルローとの第三の対話」となる会見に便乗し、同席の栄を頂戴したのでした。他にもユネスコ本部勤務だったH先生、撮影のT君も参加しました。
そこは、マルローが起居していたヴィルモラン(VILMORIN)邸でした。館主で女流作家・詩人のルイーズ・ド・ヴィルモラン(LOUISE DE VILMORIN1902-1969)は既に亡くなっていて、その姪のソフィー・ド・ヴィルモラン((SOPHIE DE VILMORIN1931-2009))の代になっていました。ヴィルモラン家は、植物の種、苗を扱う名門で、ヴィルモラン邸には広大な栽培園がありました。
しかし、そうしたことをしっかりと知ったのは後年ことです。この日は頭の片隅に薄ぼんやりしたものがあるだけでした。マルローと芸術、文学上のパートナーであったルイーズが日本語訳で「妖婦か聖女か」(1)と題する伝記の主人公であることなど全く知りませんでした。もちろん、ルイーズは既に亡くなっていて、
眼の前に現れたのは、その姪ソフィーだったのでした。そのソフィーも2009年に78歳で他界したとのことです。
(1)ジャン・ボトレル(Jean Bothorel)「 Louise, ou la Vie de Louise de Vilmorin, 」Grasset刊, 1989
日本語訳(ルイーズ、妖婦か聖女か)(北代美和子訳、東京創元社刊)

ヴィルモラン家が植物の種、苗を扱うフランスの大手、名門であることは、後年、必要があって、日本のタネ会社情報を集めた際に確認できたことでした。
                  *
この日3月22日の前日、女房殿がパリ14区の産院オピタル・コシャン(HOPITAL COCHIN)に緊急入院していたのでした。そして、3月22日夜に長男が生まれたのでした。翌23日早朝に産院に駆けつけると、10床はある大部屋の入口にパリ14区市役所出生課のおばさん職員がデスクを構えています。
大きな出生台帳を開けていて「生まれた男の子の名前は?」というのです。
日頃から、女房殿はお腹をさすりながら、女の子だ、女の子に決まっていると断定していたので、
女の子の名前は決めていました。とはいえ、男の子である可能性も多少は考慮して「近々にマルローと会う予定だから、その縁で、男の子だったら「“まるろ”にしよう。カタカナのマルロではなく、ひらがなの“まるろ”がいい。マルローの音だけをもらおう」程度の打ち合わせはしていたのです。
本音は「この地パリで育てられるだろうか」の不安だけが重く心を占めていました。
「“まるろ”にするぞ」とベッド上の女房殿に告げて、「まるろ」のヘボン式綴りMARUROと届け出をしました。
                    *
出生届出作業を終えて、ところで、ご当人の「まるろは」といえば、プレマチュレ(PREMATURE)で別室にいる、ということでした。
プレマチュレというフランス語を知りませんでした。院内の公衆電話から竹本先生に電話を入れ「プレなんとかといっているのですが」と報告すると、「それはプレマチュレでしょう。体重不足の未熟児、早産児でしょう」の説明で、ようやく得心しました。今でこそ、それはNICU(NEONATAL INTENSIVE CARE UNIT)といって、日本語では新生児特定集中治療室のことです、のわけ知り顔ができますが、その時は「未熟児の費用はいくらくらいになるのか、払えるのだろうか」。まずは金銭面の心配に襲われたのでした。
セキュリテ・ソ―シャル(SECURITE SOCIALE)と呼ばれる健康保険には入っていませんでした。海外旅行傷害保険はありましたが、出産には効きません。ましてや未熟児費用に適用されるわけがありません。「この費用を払えるのだろうか」で頭が充血していたと思います。
1974年3月22日午後、アンドレ・マルローとの会見に便乗、同日夜、長男まるろ出生。翌日、まるろが体重1250gのプレマチュレ(PREMATURE)で産院預かりとなることを告げられ、不安に駆られる。当時の家計簿兼日記にはそう書いてあるだろうと、40余年前のものを部屋中探して引っ張り出したところ、3月20日―27日まで抜け落ちていました。日記を付ける余裕などなかったのでしょう。
「3月28日、家内は産院を退院」とあるばかりです。退院時に家内の出産・入院費用の請求もないので、いずれ請求が来るのだろう、不安な気持で病院を後にしたのでした。                   「フランス/パリ/子育て雑記」の出発点はここです。そして、40年近く続けている「滞在相談室」の出発点でもあるでしょう。
2016年Ⅰ月2日    岡本宏嗣

運転免許証の切り替え申請が却下されたのですが、、、、。

質問。知人のことです。フランスで就労ビザを取得し日本の運転免許からフランスの運転免許への書き換えを申請したのですが却下されました。
理由は就労ビザを取得した時点で日本での免許が失効しており再発行をしたため取得日がフランスでの滞在許可が下りるよりも後に取得したことになっているためだそうです。
もちろん彼はフランス来る前に運転免許を取得しており、また、運転経歴証明書も日本から取り寄せており必要であれば提出する用意がありました。しかしながら運転経歴証明書を求められることもなく6か月ほどしてから却下通知が日本の運転免許証とともに送られてきてしまいました。
申請から6か月も経ってしまっていたため再申請をするにも滞在許可が下りてから一年以上という期限をすでにこえてしまっています。この場合県庁に再申請し、再度審議してもらうことは可能なのでしょうか?
また、教習所へ通うことも勧めたのですが仕事が多忙なため通うことが難しいようなので、もしフランスでの免許証への書き換え及び取得方法について何か方法が他にあれば教えていただきたいのです。                                                                             見立て。「運転経歴証明書を求められることもなく」とありますが、運転経歴証明書(要フランス語訳)をそえて申請すべきだったのではないでしょうか。運転経歴証明書をそえなかったこと以外は「規定を守って申請した」のであれば、再申請してみたらいかがでしょうか。ただし、PREFECTUREのPERMIS DE CONDUIRE窓口がイキサツを納得できるようフランス語でキチンと説明できる人に付き添ってもらうのがよいでしょう。「教習所へ通って免許をとり直す時間のないこと、仕事上、生活上、不便をしている」ことも合わせて訴えたいものです。
この見立ては公開ですので、「運転経歴証明書」について触れておきます。皆さんご存知とは思いますが念のために。フランスに滞在許可証を所持して滞在している場合、例えば夏期休暇に日本へ一時帰国して、その期間に日本の運転免許を取得、そしてフランスに戻り「フランスの運転免許証と交換してください」は通りません。これは大仰にいえば主権の侵害でしょう。フランスに滞在許可証を所持して滞在している外国人はフランスの運転免許を取得すべき、とされます。フランスを一時的に出国してヨソの国で運転免許を取得してフランスに舞い戻る、そしてフランスの運転免許証と交換してください、は不都合です。
そうではなく「この日本の運転免許証は、そもそもがフランスに入国する以前に日本で取得済みのもので、今回はそれを更新しただけなのです」を証明するのが「運転経歴証明書(要フランス語訳)です。
なお、学生身分の滞在者にはフランスの運転免許証は発行(書き換え)されず、「有効な日本の運転免許証+そのフランス語訳」で運転することができる、とされています。質問者(の知人)の場合は、推測するに学生滞在からSALARIEにCHANGEMENT DE STATUT(滞在身分の変更)したのでしょう。この場合は、SALARIE滞在許可証発行日から1年以内にフランスの運転免許証に書き換え手続きをすること、とされています。
2016年Ⅰ月2日 滞在相談室  担当  岡本宏嗣

プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR