FC2ブログ

ビジタービザで加入できるフランスの国民健康保険は存在しますでしょうか。

ご連絡。
「ビジタービザで加入できるフランスの国民健康保険は存在しますでしょうか」
で始まる文面の質問者にご連絡します。入り組んだ事情のため、一般公開に適さない点が多々ありますので、個人メール間の通信にしたいと思います。okamoto@nihonjinkai.frにメールをください。
同じ文面でかまいません。そちらからメールをいただかないと、こちらからはお答えができません。
2013年2月27日
滞在相談室  岡本宏嗣
スポンサーサイト



「フランス人の夫と結婚五年目、carte residentを取得している、、

ご連絡。
「現在フランス人夫と結婚五年目、carte residentを一昨年末に取得している、子供なし、専業主婦です」
で始まる文面の質問者にご連絡します。一般公開に適さない点が多々ありますので、
個人メール間の通信にしたいと思います。okamoto@nihonjinkai.frにメールをください。
同じ文面でかまいません。そちらからメールをいただかないと、こちらからはお答えができません。
2013年2月27日
滞在相談室  岡本宏嗣

10年間有効の「EU圏人の配偶者」の滞在許可証を持っておりますが、、

ご連絡。
「10年間有効の「EU圏人の配偶者」の滞在許可証を持っておりますが、、」
で始まる文面の質問者にご連絡します。一般公開に適さない点が多々ありますので、
個人メール間の通信にしたいと思います。okamoto@nihonjinkai.frにメールをください。
同じ文面でかまいません。そちらからメールをいただかないと、こちらからはお答えができません。
2013年2月27日
滞在相談室  岡本宏嗣

アパート契約とフランス語講座学校入学について

質問。
アパート契約とフランス語講座学校入学についてですが解らないことが多いです。
お願いします。
お答え。
どういう点を知りたいのか、どういう点がわからないのか、具体的に質問を立ててください。

2013年2月27日
滞在相談室   担当  岡本宏嗣 

ビジターVISA申請時期について2つの質問

ビジタービザのことです。
7月に1か月オーストラリアで英語を勉強し、その後に渡仏を予定しています。
スケジュールとしては、
5月中旬にビジタービザの申請、
7月に1か月オーストラリア滞在、
ビジタービザが出たとして8月中旬に渡仏予定。
ここで、オーストラリアに行くのは可能でしょうか?ビザ申請中はパスポートは大使館に預けることになるのでしょうか?
また3か月前からビザ申請予約可能とありますが、8月17日パリに到着予定であれば、
5月17日に予約を取ってビザ申請するのは可能でしょうか?
お答え。
この滞在相談室はフランスにあります。日本側の事情(在日フランス大使館のVISA申請・発給)は見えません。渡仏後、当相談室の利用者から「フランス大使館でのVISA取得はどうでしたか。スムースに出ましたか?」の経験を事後談として聞くにとどまります。それによれば、
ビザ申請中に日本を出国する必要があることを申し出れば、パスポートの「預かり」は
ないようです。
「3か月前からビザ申請予約可能」については、「質問者に8月中旬に渡仏しなければならない事情、理由がある場合」ではないでしょうか。渡仏時期が8月中旬でなくとも不都合はない任意と判定されれば「それなら、オーストラリアから戻ってきてから申請してください」もあるのではないでしょうか。

2013年2月25日 
滞在相談室  担当 岡本宏嗣

AE登録に何かリスクはありますか?

質問。フランス人配偶者として、滞在許可書を持っていますが
なかなかCDIのサラリエになれないので、AEに関心があるのですが、登録した場合のリスクはあるの
でしょうか。たとえば、AEをとってしまうとサラリエになりにくいということはありますか?
セキュリティソシアルなど各種保険などはどうなっているのでしょうか。
無職よりはいいと思うのですが、やはりリスクを考えてしまいます。
お答え。
(1)「AEをとってしまうとサラリエになりにくいということはありますか?」ですが、
求人先で自分から「AE登録しています」といえば「そうですか。それならAEで仕事をして
もらいましょう」がないとはいえません。AEは社会保障の雇用者負担がありませんから、雇う側としては「人件付帯費が安く済んで有り難い」があります。ただし、雇用者負担を回避するために便宜的に
AE方式で雇用することは社会保障局から大目玉(罰則金)を喰うリスクがあります。あくまでも、
仕事の性質上、AE方式の方が向いている(例:1か月に**点の制作品を納める)場合です。
(2)「セキュリティソシアルなど各種保険などはどうなっているのでしょうか?」
これは、3か月ごとに社会保障局から送付されてくる報告書(ネットでの報告も可能)にその3か月間の出来高を記入し、それに対して**%の各種保険負担金を計算し、CHEQUEを同封して返送します。
**%は、登録ジャンル(商工業・手工業・自由職業)によって指定されます。
サラリエは給与から各種保険負担費が自動天引きされますが、その天引きされる率とさして変わりません。また、AEが便利なところは、「ここ3か月は全く仕事がなくて出来高がゼロでした。従って、社会保障費負担もゼロです」でもよい点です。
(3)サラリエは毎月の給与から失業保険負担金が差し引かれ、失業した場合には失業手当が受給できます。AEは自営業ですので失業保険がありません。失業負担金もありませんが失業手当てもありません。
(4)質問者はVIE PRIVEE ET FAMILIALEの滞在許可証をお持ちでしょうから、フランス人と同じように、サラリエ、AEの双方を事情に合わせて、同時並行的にあるいは別々に使うことができます。
また、VIE PRIVEE ET FAMILIALEの滞在許可証は、更新の際に「これしか稼いでいないのか」
のトラブルがありません。
 
 以上からご判断ください。

2013年2月22日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣

2013年9月に音楽学校の入学試験、4月末に学生滞在許可証が切れるのですが、

質問。
パリに在住の学生です。
私の滞在許可証は4月末に切れるのですが、秋に受験する音楽学校の試験が9月にあります。
出来るなら、一度日本に帰絵って出直すのではなく、こちらで延長をして残っていたいのですが、夏に音楽の夏季講習会などがあり受験のために語学学校を延長したとしても欠席が多くなってしまい、次回の延長の際に、もしかすると欠席のことが原因で延長できないかもしれない不安があります。
そこでご相談です。まだ滞在許可証の更新のランデヴーをとっていないので何ともいえないのですが、例えば滞在許可証の更新のランデヴーが6月末に取れたとして(前回の更新も期限の2か月後でした)、そこでレセピセをもらえれば上手く一度のレセピセで受験発表まで滞在出来ると思うのですが、この考え方は安う易でしょうか?
もしくは、受験のために語学学校を延長した場合、それは最低6か月間必要なのでしょうか?
それともそれ以下(例えば3か月)でも可能なのでしょうか?
お答え。
時期の折り合いがつかないということであれば、PROJET D’ETUDE(学業計画書)を作成して提出したらいかがでしょうか。そして、提出時点で音楽学校の受験票あるいはそれに準ずるものがあれば、それを添えます。その時点で取り付けられる今後についての関係書類、過去の学習実績書類を添える
、ということでしょう。PROJET D’ETUDE(学業計画書)はキチンとしたフランス語で書きます。
語学学校の延長のことも、「6か月か3か月ではダメか」ではなく、PROJET D’ETUDE(学業計画書)
のスケジュールの中で空白期間は最小限を心がけ、同時に無理のない期間を採用すればよいのではない
でしょうか。
次回の延長については、音楽学校に合格して在籍していれば何んの不都合もなさそうです。
試験に落ちた場合です。翌年再挑戦ができ、またその意志強固であれば「語学学校を続けつつ、試験に再挑戦する」のPROJET D’ETUDE(学業計画書)を提出してみます。翌年の再挑戦を認めていない学校で
あれば別ですが、、、。

2013年2月21日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣

PROFESSION LIBERALEはAUTO-ENTREPRENEURの所属か? それとも、別のものか?

質問。
PROFESSION LIBERALEはAUTO-ENTREPRENEURの所属になるのでしょうか?
それとも、この二つは全く別のものですか?
お答え。
このブログページで過去に同様の質問に数回答えていると思うのですが、再度お答えしましょう。
(1)PROFESSION LIBERALE(以下PLと略記)もAUTO-ENTREPRENEUR(以下、AEと略記)
も個人営業者・独立自営業者(TRAVAILLEUR INDEPENDENT)に属します。
会社などを設立して法人(PERSONNE MORALE)形態で事業をするのではなく個人(PERSONNE
PHYSIQUE)の資格で事業をするということです。
(2)さて、個人営業者・独立自営業者は、その職種によって、
①COMMERCANT-INDUSTRIEEL(商工業者)
②ARTISAN(手工(芸)業)
③PROFESSION LIBERALE(自由職業者)
の3種に分かれます。
このように、職種によって分かれます。質問者はPLのようですが、PLの職種一覧リストがあります。
「それ、見たい」であれば滞在相談室を利用してください。
ここで、いわずもがなのことを付け加えます。こうした仕組み、仕分けの制度は「フランス人が個人事業をする場合」であって「外国人がフランスで個人事業をする場合」のためのものではありません。ただし、外国人を排除するものではない、ということです。その違いはどこにあるのか、です。
④フランス人の場合は、その職種(①②③)に応じて「各種の登録」はしなければなりません。
⑤外国人の場合は、「滞在許可(証)上でその職種(①②③)に応じて許可を得る」+「各種の登録」を
しなければなりません。
⑥そして、外国人であっても④のフランス人と同じ資格を持っているいるのが、いいかえれば
「滞在許可(証)上でその職種(①②③)に応じて許可を得る」必要がなく「各種の登録」だけでよいのが、外国人[日本人]の場合は、
*CARTE DE RESIDENT(10年もの)
*VIE PRIVEE ET FAMILIALE((1年もの)
*COMPETENCES ET TALENTS(3年もの)
の滞在許可証所持者ということです。(EU加盟国籍者、スイス国籍者も同様)
(3)次にAUTO-ENTREPRENEUR(AE)です。AEとは、
⑦COMMERCANT-INDUSTRIEEL(商工業者)、ARTISAN(手工(芸)業)については
年間売上額が81500ユーロを越えない小規模個人営業の場合。
⑧PLについては年間32600ユーロを越えない小規模個人営業の場合。
(①のCOMMERCANT-INDUSTRIEEL(商工業者)でサービス業種の場合も年間32600ユーロ
上限が該当)
なお、81500ユーロ、32600ユーロは現行数字で、毎年、微改定されます。
AEはそもそもが起業・副業奨励、失業者対策、定年退職者の社会復帰対策などを目的に設置されたもので、簡単にいえば、①②③の三種の小規模版ということになりましょう。
また、AEも外国人を排除するものではなく、
*「滞在許可(証)上で許可を得る」+「AE登録」が必要なこと。
*(2)の⑥で挙げた3種の滞在許可証の所持者は「AE登録」だけでよいこと。
これは、同じです。
(4)以上のことを「滞在許可証」上の滞在身分でまとめれば、
⑨COMMERCANT(industrieは省略されることが多い)
⑩ARTISAN
⑪PROFESSION LIBERALE(に加え、例えばPROFESSION DE MUSIQUE などと/職種ジャンル
が補記されることもあります)
以上がこれまでの定型。
⑫AUTO-ENTREPRENEUR ・COMMERCANT
⑬AUTO-ENTREPRENEUR・ ARTISAN
⑭AUTO-ENTREPRENEUR ・PROFESSION  LIBERALE
以上が、AEの場合の正式表記。ただし、COMMERCANT、 ARTISAN、 PROFESSION  LIBERALE
の区分けジャンル表記が省略されて、AUTO-ENTREPRENEURのみの表記ということはあるでしょう。この場合は、滞在許可証上の表記からは、三種の区分けが見えないことになります。
(5)質問は「PROFESSION  LIBERALEはAUTO-ENTREPRENEURの所属になるのでしょうか?
それとも、この二つは全く別のものですか?」でした。こういう事情なのですが、いかがでしょうか。
より具体的に見ますと、
⑮AE・PLの年間収入上限は32600ユーロですが、32600ユーロ以下でも従来型のPL登録は
可能です。32600ユーロ以下は全てAE・PLでなければならないわけではありません。
⑯PLとAE・PLでは、各種の登録(社会保障各種、所得税・TVA税務など)が異なります。
 社会保障各種負担、税務負担の支払い方法も異なります。
⑰どちらが社会保障各種負担、税務負担が安く済むのか、を試算しましたが、ほぼ同じです。
⑱「学生」から身分変更したいのだが、どちらが通りやすいか。これは微妙、複雑過ぎて、
 ここではお答えしきれません。滞在相談室をご利用ください。
⑲どちらが滞在許可を更新しやすいか。これも同じお答えです。AE・PLは2010年にスタート
 した制度で(他の二種は2009年スタート)、まだ日が浅いということです。

定期滞在相談室  毎月第2・4火曜日  要予約 01 4723 3358
(変則になることもあるので、要確認)

2013年2月20日

滞在相談室  担当  岡本宏嗣  

2013年9月に専門分野の学校を受験の予定です。5月に切れる滞在許可をどうすべきでしょうか?

質問。
語学学校に通っている学生です。
滞在許可証の期限が5月始めまでなのですが、今年の9月に専門分野の学校を受験することになりました。
日本に一度帰国して改めて学生ビザかテスト生ビザを取って再びフランスに戻って来ようと思っていたのですが、一度滞在許可証を失効してしまうと再度取得するのがとても難しいと聞きました。
もし可能なら、こちらで受験勉強しつつ受験準備をしていたいと思うのですが、滞在許可証の失効から
受験まで4ヶ月ほど期間があります。
このような場合、その旨を滞在許可証 の更新の際に話せばレセピセを受験までの期間分出してもらえるのは可能なのでしょうか?それとも、語学学校を延長してその登録証で延長した方が安全なのでしょうか?
お答え。
4か月の期間を受験勉強滞在期間としてレセピセでつなげてくれる厚意を期待するより語学学校の登録を延長して滞在許可証を更新した方が安全だと思います。レセピセは最長期間で3か月なので、もう1回再延長しなければなりません。
2013年2月20日
滞在相談室 担当  岡本宏嗣

「10年カード更新」とフランス不在について

質問。10年ものの滞在許可証を所持しています。
家族の都合で3年程日本に帰国する事になりました。丁度3年後が滞在許可証の書き換え時期と重なります。
1..このブログを読んでおりましたら、10年の滞在許可証を所持していて、フランスを長期間離れる場合は前もって住んでいる県庁にその旨手紙を出しておけばよい、 というような事が書かれておりましたが、何か決まった書式があるのでしょうか? ない場合、どのような手紙を書いたらよいのでしょうか。
2.フランスに再び住む場合、滞在許可証の書き換え、及び住所変更をしないとなりませんが、帰国前とは別の県に住む事になった場合、 なにか問題はありますか。
お答え。
外国人滞在管理法(CESEDAといいます)のL.314-7の規定です。それによれば、
(1)連続して3年以以上フランスを離れた場合はCARTE DE RESIDENT(10年の滞在許可証)は失効する。
(2)ただし、離仏前にあるいはフランス国外在住中に「連続して3年以以上フランスを離れる見通しなので、
不在期間の延長を認めていただきたい」旨を請求すれば、上記①の3年不在規定は適用されない。
日本語にするとこういったことになりましょう。ご自分でもサイトで確かめてください。
(3)「失効する」といっても、日本の居住先に「あなたのCARTE DE RESIDENTは失効しました」とか「間もなく失効します。失効させないためには、発行元のPREFECTUREもしくはフランス大使館に
延長願いを提出してください」といった意の連絡があるわけではありません。過去にそうした実例報告は
入っていません。
(4)質問文面にある「何か決まった書式があるのでしょうか」については「ある」「以前はあったが今はない」「これまで一切ない」のいずれも情報もありません。
また、上記のL.314-7条は注釈付きの条文にもなっていません。つまり「3年以上のフランス不在になる場合の延長請求手続きについては別途に政令(DECRET)で規定する」といった注釈付きになっていない、ということです。
ということで、少なくとも政令(DECRET)での規定はなさそうです。
不在延長の申請者が多い県庁では書式を作成している、ということは考えられます。
例えばアルジェリア人(専用の10年カードあり)、モロッコ人、チュニジア人、アフリカ諸国(旧植民地国)系人などの出入りの多いMARSEILLE(BUCHES-DU RHONE県)、TOULON( VAR県)などにはあるのかも知れません。
(5)いずれにしても具体的な規定も経験者の前例報告もないので、PAPIER LIBLE(任意の書式)
で県庁長官宛(PREFET宛。 パリの場合はPREFET DE POLICE宛)にLETTRE RECOMANDEE AVEC AVIS DE RECEPTION(受取証明付き)で出しておくしかない、になります。
「こういう手紙を出してあります。受け取っている筈です。これが受取証明です」が申し立てられるように手元資料をしっかり残しておくことでしょう。
(6)「どのような手紙を書いたらよいのでしょうか」です。フランスには自分の事情を述べるには
LETTRE DE MOTIVATIONという書式があります。また、事情や理由などは申し立てない
DECLARATION SUR L’HONNEUR(自己宣誓)書式もあります。
このブログではそれ以上は述べられませんが、
「CESEDA L314-7の規定に従い、ここにフランス不在期間の延長を、、、、」の一文は付けないと受取者は理解できないでしょう。また、CARTE DE RESIDENTの裏表のコピー同封を忘れずに。
(7)「帰国前とは別の県に住む事になった場合、 なにか問題はありますか」については、よくわかりません。
CARTE DE RESIDENTの更新は基本的にはPLEIN DROIT(却下されることがない)がうたわれています(CESEDA L314-1)。やってみるしかない、ということです。

最後です。CARTE DE RESIDENTの更新期にフランスに戻って更新手続きをした人は私の相談室だけでも相当数います。その詳細な経緯をこのブログに書くのは無理です。共通点が一つあります。
上記の「フランス不在延長願い」を出して更新した例は一つもない、ということです。「条文があるだけで具体的な指針がない、動いた方が安全確実」という判断なのでしょう。皆さん、更新期には戻ってきているということです。
詳細については滞在相談室をご利用ください。
毎月第2・4火曜日  要予約  01 4723 3358
(変則になることもあります)

2013年2月19日
在フランス日本人会 滞在相談室  担当 岡本宏嗣

フランス人の配偶者VISA滞在で現在求職中ですが、「AUTO-ENTREPRENEUR」か「学生の研修」ならと いわれたのですが、、、 (その2)=学生でなくともCOMVENTION DE STAGEが可能になりました=

当ブログ読者からの報告
2013年2月Ⅰ6日付ブログ「フランス人の配偶者VISA滞在で現在求職中ですが、「AUTO-ENTREPRENEUR」か「学生の研修」ならと いわれたのですが、、、」を読まれた読者から「私の場合は、学校登録せずにPOLE EMPLOIの制度を利用してCOMVENTION DE STAGEをしました」の報告がありました。POLE EMPLOIは日本のハローワークにほぼ相当します。職業斡旋所、職安です。早速調べましたところ、確かにその通りでした。雇用の推進策として実施されている新機軸です。雇用者側がPOLE EMPLOIに「STAGIAIRE求む」の求人申請をしてPOLE EMPLOI がCOMVENTION DE STAGE(研修協定書)を作成し、当人、雇用者の3者間で研修協定を結ぶものです。最長400時間の研修期間まではPOLE EMPLOIから資金援助があるとされています。Comment obtenir une convention de stage sans être étudiant ? で説明ページにたどりつきましょう。雇用者にこのページを読んでもらって、このPOLE EMPLOI方式を利用してSTAGEをするのも一解決策でしょう。
情報提供してくださった読者にお礼を申し上げます。ありがとう。
2013年2月17日
日本人会滞在相談室  担当  岡本宏嗣

フランス人の配偶者VISA滞在で現在求職中ですが、「AUTO-ENTREPRENEUR」か「学生の研修」ならと いわれたのですが、、、。

質問。
現在、フランス人の配偶者としてフランスに滞在しています。
先日、ある会社の面接に行ってきたのですが、AUTO-ENTREPRENEURに登録してくれれば一緒に働きたいとのことでした。私としてはアルバイト(CDD)かスタージュ(企業研修)をお願いしたのですが、スタージュには学校が発給するCONVENTION DE STAGE が必要だといわれました。
学校には通っておりませんが、学校への登録なしにスタージュ(企業研修)をすることは可能なのでしょうか。
お答え。
質問に直接お答えする前に前座の口上をつとめます。
オペラ界隈の某日本レストランでサービス係りを長くつとめていた人がいました。
日頃の口ぐせは「ウチのパトロンはなんてケチなんだ。ちっとも給料を上げてくれない。
あれほど儲かったいるのに」でした。その人が10年カードが取れて、商業許可なしに自分の店をもてることになりました。日本の両親、親類縁者から資金を集めて自前の店を持ちました。学生滞在期間を含めて苦節10年、
よく辛抱しました。さて、今度は給料を払う立場になりました。そして、その社会保障費の雇用者負担の高さに
仰天しました。「こんなに取られるのか、これじゃ利益が吹っ飛んじゃう。あのパトロンは気前がよかった」
ここからが回答になります。
フランスは高福祉・高負担の国です。とりわけ雇用者負担が重いのですね。知ってんのか?
もちろん知っています。当相談室主宰の私(岡本宏嗣です)は、日本人会事務責任者として30年間、
私自身も含め9人(最多人数期)の給与明細書(FICHE DE PAIE/BULLETIN DE SALAIRES)を毎月作成し、
社会保障費の雇用者負担額の小切手を切ってきましたから。
質問者が面接した「ある会社」の提示条件の背景には「雇用者の社会保障費の高負担」を避けたい、
があります。
①AUTO-ENTREPRENEURは雇用者の社会保障費の負担はなし。社会保障費は当人負担だけです。
②学校が発給するCONVENTION DE STAGEでのスタージュ。これは給与労働ではなく学業上のあるいは職業資格取得上の実地体験です。大学で金融論を専攻している学生は銀行や保険会社の職場で職業体験す
ことが必修でしょう。美容学校の生徒が市中の美容院で実地研修する、これは美容師資格の
取得に欠かせません。必修単位、必修科目ということです。こうした学生の研修はは労働法下(最低賃金や有給休暇の適用、超過勤務や病欠など諸規定の順守)にありません。
支払われるのは労働法上の給与あるいは賃金ではなくGRATIFICATION(お小遣い・ご苦労さん賃・チップに毛の生えたポケットマネー)です。これは雇用者の社会保障費の負担なし、当人の負担もなしです。

さて、質問者はフランス国籍者の配偶者ですので滞在身分はVIE PRIVEE ET FAMILIALE(1年もの。毎年更新)です。フランス人と変わりません。給与労働、自営業(商業・手工業・自由職業)、AUTO-ENTREPRENEUR=小規模自営業(商業・手工業・自由職業)の全てが可能です。また、給与労働ではCDI、CDDを問いません。PLEIN TEMPS(週35-39hのフルタイム)、MI-TEMPS/INTERMITTENT(パート/アルバイト)も問いません。
学生の研修労働だけは先述のような理由から別のことなります。学生当人、学校(学務・教務当局)、
受入れの職場(会社など。大手の会社では人事部・課にSTAGE担当者がいます)の3者が署名したCOMVENTION DE STAGE(研修協定書)が必要です。フランス人学生か外国人学生かは関係しません。何らかの学校に
登録・在籍しない限り「学生の研修」は成立しません。なお、登録先の学校はCOMVENTION DE STAGE(研修協定書)が出せる学校でないと意味がありません。
2013年2月16日
在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
追記
学生でなくとも(学校に登録していなくとも)COMVENTION DE STAGEが可能な新方式が設置されています。
これについては同じタイトルの「その2」を参照してください。2013年2月18日

SALARIE滞在許可の更新と転職のタイミングは?

質問。
転職のタイミングと滞在許可更新のランデヴーの日取りについてです。
先日、外科疾患のため仕事を退職しました。今は休養中です。退職してしまったので、arret de travailは持っていません。すでに滞在許可更新手続きの予約日(3月下旬)は決まっておりました。
予約日前に新しい仕事を始められそうなのですが、転職をしてすぐ滞在許可更新というのはあまり印象が良くないものでしょうか(今回2度目の更新です)。
予約日の日取りを延長したほうがいいでしょうか。PREFECTUREのサイトで確認したら、3月下旬を
キャンセルすると次は7月まで空きがないようなのす。
ちなみに今の滞在許可は4月までなので、予約日が決まっていれば期限が切れても滞在に問題は無いのは知っていますが、精神衛生的に滞在許可のない空白期間はなるべく避けて期限前に更新申請をしたいのですが。
お答え。
2度目の更新とありますが、初申請、更新を経た3年目ということでしょうか。
そうであれば、さして変わりはないように思います。過去の空白期間については医師による外科疾患の
診断証明を当てましょう。
「転職をしたばかりなので「今後について不安定と判定される」については、新しい職場との契約が
CDIであれば心配はないでしょう。今後の様子見ということで3か月後に給与明細を持って再出頭のことがないとはいえませんが、それに従えば軌道に戻るでしょう。

2013年2月14日
在仏日本人会 滞在相談室  担当 岡本宏嗣

PROFESSION LIBERALE、年間32600ユーロ以上の場合は?

質問。
Profession liberale の場合、年間売り上げが32600?以下とありますが、それ以上の収入になりそうな場合はどうなるのですか?
お答え。
Profession liberaleの年間収入(FACTUREの年間合計額)が32600ユーロ以下の場合は、
①MICRO-BNCという申告方式になります。具体的には所得申告用紙2042CのMICRO-BNCという欄に年間収入数字(32600ユーロ以下)を記入して提出します。
②この欄に記入した場合、職業経費が自動的に34%控除になります。自動的とは、
経費の内容、領収証の裏付けが不要ということです。例えば20000ユーロと記載されていれば、税務局は自動的に6800ユーロを経費とし、実質収入を13200ユーロとして所得税を算出します。その結果、「所得税をこれこれユーロ払いなさい」あるいは
「税額はゼロです」とかを通知してきます。また、実質収入13200ユーロを計算ベースにして計算し「低所得者手当をこれこれユーロ支給します」もその通知状に記されています。この通知状をAVIS D’IMPOSITIONといいます。
③32600ユーロ(毎年微額の改定あり)を越えた場合はどうなるのか、という質問です。過去、MICRO-BNCで申告してきた人が、今年は越えてしまったという場合は34600
ユーロまではMICRO-BNCを認めてくれます。すなわち、自動控除34%です。
たまたま今年は越えてたが、翌年はまた枠内に戻るかも知れないからです。
翌年も越えた場合は④に記す方式に切り替えなばなりません。
④当初から32600ユーロは越えそうだ、という場合は、MICRO-BNC申告ではなく
DECLARATION CONTROLEE(実費処理方式)申告になり、 所得申告用紙2035で申告
します。2035には職業諸経費を記入します。材料費がいくら、仕事場の家賃がいくら、
光熱費がいくら、交通費がいくら、、、、、、ということです。当然、収支簿が必要です。
領収証もファイルしておかねばなりません。TVA処理もあります。結局、会計士が必要ということです。会計士ではなくあくまで自分でする場合はASSOCIATION AGREEと
いう協会の会員になって同協会のチェックを受けて提出することになります。会計士もなく協会の会員にもならず自己計算で申告書を提出した場合は、実質収入が25%割増で計算されます。例えば年間収入が40000ユーロだったとしましょう。経費をあれこれ計算して16000ユーロだったとします。
40000-16000=24000ユーロ、これが実質収入のハズです。ところがこの25%増しの30000ユーロが実質収入とされて税額が計算されるということです。
⑤上記④でちょっと触れたTVAのことです。MICRO-BNC方式ではTVAは関係しません。
DECLARATION CONTROLEE(実費処理方式)ではTVAの登録をし、TVAを支払わねばなりません(もちろん還付もあります)。
いずれにせよ、個人では処理できないでしょう。
⑥最後に32600ユーロ以下でもDECLARATION CONTROLEE(実費処理方式)
の2035申告は出来ます。「34%の経費控除では合わない、僕の場合は優に50%を越えている」といったケースがあるためです。

なお、当滞在相談室は毎年5月上旬に所得申告セミナ―を行っています。
申告用紙の種類、所得の性質に応じた記入の仕方、税額の算出、低所得手当の仕組み、、、、などを実物の申告用紙を手にしながら説明しています。日時が決まり次第、このページでも発表します。

2013年2月10日
在仏日本人会滞在相談室   担当  岡本宏嗣

「DUT修了後の進路、労働VISAの申請か、学業継続か」(続)

質問。
2013年2月4日付ブログ「DUT修了後の進路、労働VISAの申請か、学業継続か」
の質問者です。、同じ時期に学生ビザ更新と就労ビザ申請をし、就労ビザが却下+退去勧告で返された場合、学生ビザは更新できても退去しなければならないのでしょうか。
お答え。
質問にお答えする前に質問者に連絡事項があります。2013年2月4日付の同上ブログを読まれて、質問者がDUT修了予定であることに関心をもった方がおられます。
okamoto@nihonjinkai.frに「質問者は私です」のご連絡ください。就職口の件のようです。
さて、学生ビザ更新と就労ビザ申請(=学生からSALARIEへの身分変更申請)を同時に受付けてくれた場合は、「就労ビザ申請が却下+フランス国外退去勧告」通知はないでしょう。
就労ビザは却下されても学生の滞在許可証の方は更新されるのが通常です。就労ビザ申請が却下、学生の滞在許可証の更新も却下となれば国外退去勧告通知になりましょうが、
双方を同時に受付けてくれて、双方ともが却下され国外退去勧告となった事例は知りません(当相談室の範囲に限られますが)。
国外退去付きの却下通知が来るのは、
①就労ビザ申請のみで、学生滞在許可証の更新申請はしなかった。
②就労ビザ申請のみで、学生滞在許可証更新の同時申請は窓口で受付けてくれなかった。
場合に多いと見ています。
一般的にあるいは傾向的にいえることは、より上位のDIPLOMEがある、あるいはそれを目指す場合に同時申請が認められる、ということでしょうか。
例えば、MASTER1修了で就労ビザ申請を申請、同時にMASTER2への登録も認められている、といったケースです。もちろん、より上位のDIPLOMEということで、MASTER1 →MASTER2の関係に限りません。
実際にはそうでもない場合でも受付けてくれることがあるので、厳密な線引きはできないのですが、、、、。

2013年2月9日
在仏日本人会 滞在相談室  担当  岡本宏嗣

質問。
2013年2月4日付ブログ「DUT修了後の進路、労働VISAの申請か、学業継続か」
の質問者です。、同じ時期に学生ビザ更新と就労ビザ申請をし、就労ビザが却下+退去勧告で返された場合、学生ビザは更新できても退去しなければならないのでしょうか。
お答え。
質問にお答えする前に質問者に連絡事項があります。2013年2月4日付の同上ブログを読まれて、質問者がDUT修了予定であることに関心をもった方がおられます。
okamoto@nihonjinkai.frに「質問者は私です」のご連絡ください。就職口の件のようです。
さて、学生ビザ更新と就労ビザ申請(=学生からSALARIEへの身分変更申請)を同時に受付けてくれた場合は、「就労ビザ申請が却下+フランス国外退去勧告」通知はないでしょう。
就労ビザは却下されても学生の滞在許可証の方は更新されるのが通常です。就労ビザ申請が却下、学生の滞在許可証の更新も却下となれば国外退去勧告通知になりましょうが、
双方を同時に受付けてくれて、双方ともが却下され国外退去勧告となった事例は知りません(当相談室の範囲に限られますが)。
国外退去付きの却下通知が来るのは、
①就労ビザ申請のみで、学生滞在許可証の更新申請はしなかった。
②就労ビザ申請のみで、学生滞在許可証更新の同時申請は窓口で受付けてくれなかった。
場合に多いと見ています。
一般的にあるいは傾向的にいえることは、より上位のDIPLOMEがある、あるいはそれを目指す場合に同時申請が認められる、ということでしょうか。
例えば、MASTER1修了で就労ビザ申請を申請、同時にMASTER2への登録も認められている、といったケースです。もちろん、より上位のDIPLOMEということで、MASTER1 →MASTER2の関係に限りません。
実際にはそうでもない場合でも受付けてくれることがあるので、厳密な線引きはできないのですが、、、、。

2013年2月9日
在仏日本人会 滞在相談室  担当  岡本宏嗣

SALARIE VISAの規定に変更ありや?

質問。
私はサラリエ・ビザでフランスに滞在中ですが、この間 OFIIに行ったときにパスポートにOFIIからのシールが貼られて戻ってきました。そのシールは青色でした。私と同じビザできた友人は黄色だったと いっていたのですが、サラリエ・ビザの規定になにか変更があったのでしょうか?
お答え。
規定の変更は知りません。友人のシール(黄色)と質問者のシール(青色)の記載内容を比較点検
してください。記載内容に違いがあれば、再質問してください。

2013年2月7日  
滞在相談室  担当  岡本宏嗣  

SALARIE EN MISSIONと就労ビザ

質問。現在、日本在住です。労働ビザを申請したいと思っています。
先日パリにに行った際、美容室のテストを受けて来ました。(フランス語は多少話せます。)
サロンのオーナーからはOKが出たのですが、ビザ申請をどのカテゴリーで申請すれば取得しやすい
のか思案中です。おそらく、そのサロンは外国人を雇うのは初めてだと思います。
ちなみに同サロンは日本にんもフランチャイズが数店舗ありますので
もしSALARIE EN MISSION (系列会社・グループ内異動転勤)を申請しておりれば、
次の年に更新は可能なんでしょうか??
もしくはOFII(就労ビザ)をチャレンジしたほうが良いのでしょうか??
弁護士を雇った方が良いのでしょうか?
お答え、
(1)SALARIE EN MISSION は3年ものです。3年後の更新は可能です。、
(2)就労ビザはDIRECCTEという役所が申請窓口です。DIRECCTE→OFII→在日フランス大使館
→申請者(質問者)という流れです。SALARIE EN MISSIONも同様の流れです。
(3)SALARIE EN MISSIONの方が通り易いでしょう。専門の弁護士を雇った方が良いと
と思います。

2013年2月6日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣

フランスに提出する(日本での)居住証明は?

質問。
現在日本在住です。婚姻のため渡仏します。現地届出先市役所での婚姻に必要な書類として住居証明(Justificatif de domicile)がありました。すでにフランスに在住している場合は、公共料金の請求書などがそれにあたるようですが、私ような場合はどの書類で代用できるのでしょうか?
住民票を法廷翻訳家に翻訳してもらったものがそれにあたるのでしょうか? その場合、私一人の住民票で本籍と現住所が記載されていれば情報としては充分でしょうか。
お答え。
フランスでJustificatif de domicileとして採用されるものは、質問文面にもありますように
公共料金の請求書です。具体的には当人名義になっている
*電気あるいはガスの請求書(FACTURE)  *固定電話料金の請求書(FACTURE)
です。ケイタイの普及で「固定電話料金の請求書(FACTURE)」は後退しつつありますが。
日本の場合でも、
質問者の名義になっていれば、極近の電気あるいはガスの請求書(FACTURE)あるいは 固定電話料金の請求書(FACTURE)と(その法定翻訳)でパスするでしょう。
もちろん、住民票(質問者一人の住民票)は可でしょう。ちなみに、フランスには住民票(REGISTRE DE
DOMICILIATION)という制度はありません。また、戸籍制度もないので本籍地(DOMICILE LEGAL) もありません。その代わりに出生地(LIEU DE NAISSANCE)が重要事項になります。

2013年2月4日
 在仏日本人会  滞在相談室  岡本宏嗣

DUT修了後の進路、労働VISA申請か学業継続か

質問。
私はフランスの大学(DUT)で学んでいます。今年が最終学年ということで、現在DUT修了後のことを考えています。まだ迷っている状況なので、いろいろと情報を集めているところです。
迷っている点は、就職するか、学業をもう1年続けるか、です。
そこで質問なのですが、就労ビザと学生としての滞在許可証更新は同じ時期に申請できるものなのでしょうか。
もし就労ビザが却下された場合、学業を続けよう(Licence Pro)と考えています。
もし同じ時期に申請できない場合、就労ビザが却下されてから学生身分での滞在許可証更新は受け付けてもらえるのでしょうか。もしくは就労ビザが却下された場合、どれくらいの期間でフランスを出国しなければならないのでしょうか。
それと、就労ビザ取得は困難とよく耳にします。私のような場合(DUT修了予定ですがマスター修了ではない)、どのくらいの確率で取得できそうでしょうか。
お答え。
(1)就労ビザと学生としての滞在許可証更新は同じ時期に申請できるものなのでしょうか?
 はっきり決まっていないでしょう。PREFECTUREの窓口で「(就労ビザのおりる可能性が低いので)
同時に学生ビザの更新もするように」といわれたケースはかなりあります。また、そんなことはいわれなかったケースもあります。MASTER以上のDIPLOME取得者(予定含む)はほぼいわれているようですが、MASTER以下でいわれたケースもあるので、線引きができません。両方、申請してみる、ということしかありません。
(2)同じ時期に申請できない場合、就労ビザが却下されてから学生身分での滞在許可証更新は受け付けてもらえるのでしょうか?
就労ビザの却下通知は、
①却下通知のみ(却下の理由、異議申し立てができる旨の2点が記さています)。
②却下+1か月以内の国外退去勧告(却下の理由、国外退去に不都合は無い旨、異議申し立てができる旨の3点が記さています)。
こういう現状ですから、①の場合は受付けてくれる、ということです。現に受付けてくれた事例もあります。
(3)就労ビザ取得は困難とよく耳にします。私のような場合(DUT修了予定ですがマスター修了ではない)、どのくらいの確率で取得できそうでしょうか?
 職種が大いに関係しましょう。人材が必要な業種・職種であればおりる可能性は高くなりましょう。
質問者はDUT(DIPLOME UNIVERSITAIRE DE TECHNOLOGIE)ですが、情報技術系、先端技術系であれば
おりる確率は高くなりましょう。


2013年2月4日
滞在相談室  担当  岡本宏嗣

学生滞在中です。エステの資格取得後、自営業で独立したいのですが、、(続)

質問。2013年1月31日付「学生滞在中です。エステの資格取得後、自営業で独立したいのですが、」
についてです。ここで説明されている一番堅実で一番理想的な方法以外の他の選択肢、近道(もしあれば)も知りたいのですが。
労働ビザは雇用者側に決断が問われるので、私自身が努力をしてどうこうなる部分以外のこともあると思います。労働ビザへの身分変更ではなく、例えば、今パリでフリーの美容師をしている日本人の友人が、2年後にヘッドスパのサロンを開く計画があり、その一角を使わないか、という話しがあります。
この国に残り働いて行くには、自分でフリーでやって行く方法も考えなくてはいけないと思っているのですが。
お答え。
滞在許可証は各県のPREFECTURE(県庁)が管轄です。2013年1月31日付「学生滞在中です。エステの資格取得後、自営業で独立したいのですが、」に記した独立への道程は、フランス全県のPREFECTUREが受付けてくれる正門入口です。いずれも外国人滞在関連の法令・政令・省令・通達などの文書で確認されていることで、「当PREFECTUREではそんなケースの申請は受付けていません」の対応はない、ということです。もちろん、審査がありますので申請がパスするかどうかは別問題ですが。
さて、質問は他の選択肢あるいは近道はないか、です。質問に「自分でフリーでやって行く」
とあります。これは会社を設立して企業形態で営業するのではなく個人営業・独立自営業になります。
フランス語ではTRAVAILLEUR INDEPENDENTです。従って、「{学生}の滞在身分からTRAVAILLEUR INDEPENDENTへの身分変更は可能か」というテーマになります。
また、TRAVAILLEUR INDEPENDENTといっても職種は膨大にあり、それは3種にわかれています。
(1)COMMERCANT(商業)
(2) ARTISAN (手工業・手工芸業)
(3)PROFESSION LIBERALE(自由職業)
質問者はESTHECIEN(NE)です。ESTHECIEN(NE)は(1)(2)(3)のどれに入るのかは微妙な事情がありますが、これについては、ここでは触れません。
(4)「{学生}の滞在身分からTRAVAILLEUR INDEPENDENTへの身分変更は可能か」については、
法令・政令・省令・通達がありません。過去の実例から地方のPREFECTUREではほとんど不可です。
パリ・パリ近郊県庁(のいくつかの県庁)では受付けています。
ただし(1)(2)(3)のいずれの場合についても受付けているとはいえません。
(5)ここでAUTO-ENTREPRENEURという制度が登場します。COMMERCANT(商業)、ARTISAN (手工業・手工芸業)については、2009年度から、PROFESSION LIBERALE(自由職業)については2010年度から
スタートした新しい制度です。
①COMMERCANT(商業)とARTISAN (手工業・手工芸業)は、年間売上が81500ユーロ以下(物品販売)、32600ユーロ(サービス業)以下、あるいは以下が見込まれる規模。
②PROFESSION LIBERALE(自由職業)は年間売上が32600ユーロ以下、あるいは以下が見込まれる規模。
以上の「規模」あるいは「見込み」で登録できる制度です。
③この制度がスタートしてからは、「学生」から「AUTO-ENTREPRENEUR」への身分変更申請を
パリ・パリ近郊県(のいくつか県庁)では受付けています。当相談室だけでも相当数の人が変更して
います。
なお、地方県庁では今のところ「受付けてくれました。学生からAUTO-ENTREPRENEURへ身分変更できました」の事例報告は受けていません。あれば教えてください。

質問文面からは「パリでエステ営業をしたい」ということのようです。エステの職業資格を取得したら
AUTO-ENTREPRENEURへの身分変更を申請してみたらいかがでしょうか。

2013年2月4日
在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

学生滞在中です。エステの資格取得後、自営業で独立したいのですが、、、

質問。私は現在学生ビザで滞在して3年になります。
大学付設の外国人向けフランス語コースを受講しています。
今年度からCAP取得を目指すため、エステティックの専門学校に通います。将来はフランスでアロマテラピーと日本の整体の技術を取り入れたオイルマッサージトリートメントの仕事で独立したいと考えています(あくまで名目は治療ではなくエステです。)
それに際して、一体どのようなビザや法的な手続きが必要なのでしょうか?
学生ビザからvisa cmmer?ant に変更することで独立出来るのでしょうか?
もしくはどこかのスパやサロンに就職して就労ビザを申請していただくステップを踏んだ方が堅実でしょうか。
お答え。
もっとも堅実な道程を考えてみます。フランス国籍者との結婚とかPACSなどは早道ですが、これは
この地での職業展開の手順とは別のことですので省きます。また、もっとも堅実な方法であるため長期に時間がかかりますが、裏ワザのような早道があるかどうかはここでは考慮外としておきます。
(1)CAP(CERTIFICAT D‘APTUDE PROFESSIONNELLE)を取得したら、
(2)「どこかのスパやサロンに就職して就労ビザを申請していただく」のが堅実でしょう。
   学生アルバイト先、STAGE先で申請してもらうのが労働許可のおりる確率が高くなりましょう。
   それは「労働力の質、レベルが実証済み」という点で有利ということです。  
労働許可担当局には「街には求職者(失業者)があふれているんですよ。わざわざ外国人を雇う以上、その外国人の労働力の質は高いんでしょうね。確かなんでしょうね?」の審査ポイントがあります。
「もちろん確かですよ。学生時代からウチのAサロンでン年は働いてもらっていますから。間違いありません。労働許可をおろしてくださいよ」という構図ですね。ン年は長ければ長いほど有利ということです。
(3)5年間勤めてCARTE DE RESIDENTを取得します。Aサロンで5年勤めるのがベストです。
職場変えするとしてもAサロンで2年、Bサロンで3年の計5年としたいところです。
Aサロンで4年、Bサロンで1年というのは「職が安定していない」の判定になりがちです。
職場変えして1年でCARTE DE RESIDENTを申請することになりまっすからね。申請時点で職場が安定していることが必要です。
(6)CARTE DE RESIDENTを取得すればCOMMERCANT身分に変更申請することなく独立自営できます。
   また、5年間の勤務経験で顧客もできましょう。そして、AサロンあるいはBサロンを円満に退職
   しましょう。
   以上は「堅実な道程」というより「理想的なこと運び」といったほうがよいのかも知れません。
   そうはことが運ばない局面もでてきましょう。道程が長すぎる、もっと近道はないのか、ということであれば、再質問してください。     
2013年1月31日
   在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR