FC2ブログ

滞在許可問題で行政裁判所に提訴中ですが、、(2)

質問。
2012年4月18日付「滞在許可問題で行政裁判所に、、、、、」の続きです。
補足させていただきます。県庁より滞在許可証更新の却下通知(国外退去通知)が届き、そこには不服申し立てができる旨が書いてあり、その手順に沿って手紙を書き(この時点では結婚する予定があることは書いていません)提訴しました。その後Tribunal経由で私が反論した内容に関する県庁側の反論文が届き、私の方も再度反論文として「結婚する予定があり結婚申請は市役所にて無事に受け付けられた」旨を書き送りました。
一番心配しているのは、結婚式の直前に帰国しなければならない状況になっ てしまうのか、そうなると結婚準備中なのですべての予定が狂ってしまうのです。とにかく正式の滞在を認めた紙を持っていないので不安があります。
お答え。
滞在許可証上のトラブルとその後の経緯は、質問文面にある「却下通知」「反論」「反論文」など経過書類を拝見しないと
正確にはつかめません。今回の補足を拝見した限りでは、2012年4月18日付「滞在許可問題で行政裁判所に、、、、、」の「お答え」と同じです。

2012年4月19日  
在仏日本人会 滞在相談室  担当  岡本宏嗣
スポンサーサイト



滞在許可問題で行政裁判所に提訴中ですが、、、、

質問。
滞在許可証の発給問題で県庁に対し行政裁判所に提訴しており、現在はレセピセも滞在許可証も持っていま せん。行政裁判所へ提訴している場合は、判決が出るまでフランスに滞在しなければならないということで、事実上、紙なしで滞在しております。
私は現在、フランス人との結婚手続きで、先日市役所に書類を提出し(市役所窓口対応の人に私の今の滞在状況を説明し)無事に結婚書類は受理され、結婚手続きの日取りを決めました。この旨は行政裁判所にも手紙で通知しています。この様な状況に該当する人はいないと思いますが、行政裁判所の判決を含め、今後どのような結果が予想されるのでしょうか?
お答え。
質問文に「滞在許可証の発給問題で」とありますが、どんな問題なのかがわかりません。
従って、どのような提訴内容なのかがわかりません。行政裁判所というのもよくわかりませんが、滞在許可申請あるいは
更新申請が却下された場合、却下通知状には「不服申し立て」手順が記されていますので、それに従って手続きされたも
のと勝手に解釈しておきます。
却下通知状に記されている「不服申し立て」の手順とは以下です
*recours gracieuxは県庁(PREFECTURE)宛てであること。
**recours hierarchiqueは 内務省(MINISTERE D’INTERIEUR)宛てであること。
前者*は「却下決定に対して再審査、再考をお願いします」ということです。
後者**はPREFECTUREより上の機関、つまり内務省への訴えです。「子分じゃ話しが通じない。親分に訴えよう」ということです。
このように不明部分、不確かな部分への私・回答者の勝手な推測が加わりますので、有効な回答になりますかどうか。
(1)フランス国籍者との結婚が考慮されて、婚姻成立時に市役所から発行されるACTE DE MARIAGE(とLIVRET DE FAMILLE)を提出するように通知がくる。あるいはこちらから、そのコピーを送付する。この流れで滞在許可証問題が解決する。最近は、MARIAGE BLANC(ペーパー婚)に加えてMARIAGE GRIS(ダーク婚)も問題視されているので、カップルで出頭(CONVOCATION)のこと、の首実検があるかもしれませんが、いずれにせよ解決です。
(2)結婚のことは全く関係なく処理される。当初提出した書類に追加で提出した書類が合流していないことはよくあることです。当局にはMARIAGE BLANC(ペーパー婚)やMARIAGE GRIS(ダーク婚)への懸念もあるので、あえて無視することも、もあり得ましょう。この場合は、再却下通知が来る、あるいは音沙汰なし(recours gracieuxの場合、申し立てから2か月経て音沙汰ない場合は却下と見なす)。
(3)前記(2)の場合は、日本へ一時帰国して、ACTE DE MARIAGEとLIVRET DE FAMILLEをフランス大使館に提示して、VISA (MARIAGE)を取り直してきたらどうでしょうか。往復費用はかかりますが、正当な方法ではあります。

2012年4月18日  在仏日本人会 滞在相談室  担当 岡本宏嗣

コンペタンス・エ・タラン申請の必要書類

質問。
コンペタンス・エ・タランについてです。大使館のウェブサイトにある申請必要書類の
(1)「6 計画を実行する能力・適正があることを示す書類」なのですがこれはしかるべき人物や機関による手紙、推薦状の形式と解釈して良いのでしょうか?
(2)また、「13a 申請者の評判を受け付ける書類」との違いをどう表現したら良いでしょうか。
(3)コンペタンス・エ・タランは申請してからビザがおりるまで時間がかかることがあるようなので、同時にビジタービザを申請する、ということは可能なのでしょうか?
お答え。
(1)これは職業資格・職業経験のことでしょう。
服飾デザインであれば、***服飾デザイン学校を卒業した(卒業証書)、その後***服飾デザイン会社に*年勤めて
仕事をした(履歴書・在勤証明など)。
(2)これは活躍を示す書類でしょう。画家であれば受賞・入賞、個展開催、新聞や雑誌で作品が取り上げられた記事、、、
などでしょう。質問文にある「しかるべき人物や機関による手紙、推薦状」もここに入りましょう。
(3)大使館に問い合わせてください。同時にA・Bの二種のヴィザ申請はどうでしょうか。VISA申請は、原則的には1人1(ひとりいち)ヴィザだと思いますが。Aヴィザ申請は却下されて「Bヴィザなら出します。すぐ申請してください」とされた例は過去にありますが、、、。

2012年4月17日
在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

共同名義の銀行口座を開設べき? MARIAGE BLANCとMARIAGE GRIS

質問。
*フランス国籍者と結婚することになりました。その際に共同名義の口座を開設しようか迷っています。滞在許可証の更新の際に、共同口座を持っていないと不利になったりするのでしょうか?
**市役所にて結婚をした後、滞在許可証の申請書類内容は直接市役所(結婚場所が地方のため許可証の受け取りは市役所を通して行っているため)に問い合わせた方が良いのでしょうか?
***結婚後自動的には滞在許可証(1年更新)は出してもらえないのでしょうか?
お答え。
*従来から問題になっていたMARIAGE BLANCに加えてMARIAGE GRISが問題視され、監視的になっています
。もっとも、これは大都市でのことで、質問者は牧歌的な地方都市にお住まいのようです。とはいえ、共同生活(VIE COMMUNE)の立証には共通名義の口座をもっていることが最も効果的であるといえます。
**MAIRIEが代行しているのであれば、そうなりましょう。「MAIRIEではわからない、直接、県庁(PREFECTURE)に行ってください」となれば別ですが。
***県庁によりましょう。MARIAGE BLANCやMARIAGE GRISに神経質になっている県庁では、配偶者ともども呼び出してMARIAGE BLANCやMARIAGE GRISでないことの感触を確かめたり、3か月ごとのRECEPISSE発行でチェックして、1年ものの滞在許可の発行を遅らせたり、、があり得ましょう。滞在許可証をPREFECTUREが直接あつかうのではなく、MAIRIEが代行する小都市ではどうでしょうか。
(別注)
(1)MARIAGE BLANCとは。  
ペーパー婚のこと。外国籍者Aとフランス国籍者Bが結婚手続きをし、外国籍者が滞在許可証(あるいはフランス国籍取得)の目的を果たした後に離婚する偽装結婚。金銭による配偶者名義貸し・借りです。
(2)MARIAGE GRISとは。  
MARIAGE BLANCはA・B双方が納得した上での金銭取引ですが、MARIAGE GRISはフランス国籍者Bが外国籍者Aに
利用されている、騙されているという見方です。

2012年4月17日
在仏日本人会  滞在相談室  担当  岡本宏嗣

個人的な通信の場合は、、、、

質問。
偶然このブログ・ぺージを見つけたのですが、質問をしてもいいのでしょうか?
個人的に回答は頂けたりするのですか?
よろしくお願いします。
お答え。
このブログ・ページでの「質問―回答」は公開です。
もちろん、質問者の姓名は公開しませんが、相談の内容は公開(要約したり補足したりして)です。
回答も公開です。同じような相談内容を持っている方がいれば参考にしてください、ということで公開しています。
質問内容・相談内容の公開も不都合、という場合は当滞在相談室のメールをご利用ください。okamoto@nihonjinkai.frです。こちらは質問者(あなたです)対回答者(私岡本です)
の二人の間だけの「質問―回答」になります。
2012年4月12日  
在仏日本人会  滞在相談室  担当 岡本宏嗣

PACSと滞在許可証VIE PRIVEE ET FAMILIALE

質問。
PACSについての関連質問です。
2012年4月3日付「PACSと渡仏VISA」のページに、
(3)(a)PACSをかわしていること。
(b)共同生活が少なくとも1年以上あること(フランス国外での共同生活は含まない)が立証できること。 
この(a)(b)2つの条件を満たしていれば、VIE PRIVEE ET FAMILIALEという滞在身分の滞在許可証が発行されます。この滞在身分は就労可能です。
とあります。
この「共同生活が少なくとも一年以上あることが立証出来ること」ですが、パックスをしてから一年ということではなく、パックス前でも今現在までに一年以上共同生活したことを立証出来れば良い、と理解していいでしょうか?
当方、昨年ワーホリ中は仏人パートナーとずっと共同生活していました。ワ―ホリビザ満期1か月前にパックスをして日本へ帰国し、ビジタービザにて再入国しています。移民局での一年目の滞在許可手続きに先立って県庁(パリ)に身分変更手続きをするランデブーを取る電話をしたところ、パックスしてからの一年の共同生活が必要、といわれました。納得がいかないこと、生活のためにどうしても仕事をする必要があるので、なるべく早く身分変更し たいのですが、この点どうなのでしょうか。
お答え。
パリの場合ですが、過去の発給事例では、以下の2条件(繰り返しになりますが)で
発給されていました。、
(a)PACSを交わしていること(3か月以内に発行されたPACS証明の提出)。
(b)共同生活が少なくとも1年以上あること(フランス国外での共同生活は含まない)
が立証できること。
この2条件で発行されていました。つまり、「PACSを交わしてから共同生活が1年以上」でも「1年以上の共同生活後にPACSを交わした」でも「共同生活を始めてから**月目にPACSを交わした」でもパスしていました。
ところで、PACSと滞在許可証VIE PRIVEE ET FAMILIALE(就労可能)の発給は、
こちらが期待するほど一義的に明瞭なものではありません。「ここにこう記されているではないか」という規定(政令・省令・通達)を知りません(サルコジ大統領が内務大臣時代に設定したものがありましたが、憲法に抵触するということで無効となっています)。
就労可能な滞在許可証の発行は1件でも減らしたい、あるいは先延ばししたい方針下ある場合には「そういう解釈で発給していた時期もあったが現在は、、、」になることがあります。
加えて、ワ―ホリ滞在期間の共同生活はカウントしない、の見解をとられることもあり得ます。滞在年数歴が問われる局面で、ワ―ホリ滞在の1年はカウントされないことがしばしばあります。
PACSのパートナー(フランス国籍者)が「私たちの生活のために相方(質問者)にはどうしても出してもらう必要がある」と窓口に掛けあってみたらいかがでしょうか。

2012年4月5日   
在仏日本人会 滞在相談室  担当  岡本宏嗣

PACSを交わしてフランス滞在生活をはじめたいが、、、


質問。
今年9月に渡仏し、フランスにいるフランス人とPACSして新生活をはじめたいと考えていますが、
☆ どのVISAを取得して、渡仏すべきでしょうか。
☆ また、ビジターVISAは、就労可能でしょうか。
お答え。
(1)VISITEUR VISAか学生VISAでしょう。
(2)VISITEUR の滞在身分は就労ができません。
(3)(a)PACSをかわしていること。
(b)共同生活が少なくとも1年以上あること(フランス国外での共同生活期間は含まない)が立証できること。
   この(a)(b)2つの条件を満たしていれば、VIE PRIVEE ET FAMILIALEという滞在身分の滞在許可証が発行され
ることになっています。この滞在身分は就労可能です。


2012年4月3日
在フランス日本人会  滞在相談室  担当  岡本 宏嗣

VIE PRIVEE ET FAMILIALEの発給待ちの状態ですが、、、

質問。
2012年2月9日、10日付ページでお答えいただいた件で、その続きです。
現在、VIE PRIVEE ET FAMILIALEの発給を待っている状態で、レセピセも4月9日で期限が切れます。
一方、新たな勤め先でCDIを頂ける事が決まり、4月2日にCDIのサインをします。
(自分のビジネスも平行しても良いとの条件です。)
4月9日期限のレセピセには、IL AUTORISE SON TITULAIRE A TRAVAILLER A TITRE ACCESSOIREと記載されているのですが、この意味はどういうことでしょうか。
3週間前にPREFECTUREに電話した際は、1か月待って欲しいといわれましたが・・・・期限が切れていては困るので、この状態の中、私はどうすべきなのでしょうか。
お答え。
(1)レセピセが4月9日で切れるのであれば、PREFECTUREに押しかけて、とりあえず、さらに3か月、延長してもらわねばなりませんね。CDI契約もレセピセの延長があって有効です。レセピセが切れたままでは雇用者は違法雇用になり、質問者は違法滞在・違法労働になってしまいます。雇用者側からプッシュしてもらうのもひとつの手です。
(2)IL AUTORISE SON TITULAIRE A TRAVAILLER A TITRE ACCESSOIREは、「労働してもよい」ということです。
勤務先を得てSALARIEで働いてもよいし、TRAVAILLEUR INDEPENDAT(自営業)で収入を得てもよい、ということです。
とはいえ、4月9日で切れてしまうのでは、不都合です。まずは、レセピセを延長してもらうことです。
2012年4月2日 
 在仏日本人会  滞在相談室  担当 岡本宏嗣
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR