FC2ブログ

フランス国籍者との離婚によって滞在許可は?

相談です。
パリに住み、歯科系医療関連の仕事をしているものです。先週、レセピセと必要書類を用意し、パリ警視庁に出向いたのですが、終日待たされたあげく、滞在許可証を出してもらえませんでした。理由をたずねたところ「貴方はフランス人と結婚し、2年弱で離婚しているので、共同生活期間が足りません。3-4年以上、結婚生活が続けば(これはフランス国籍を取るための期間になるのでしょうが、、、)新しい滞在許可証を出せたのですが、現状では無理です、といわれました。滞在して働ける他の方法はないのですか、とたずねたところ、首を横に振られてしまいました。唯一、ある機関の電話番号をくれました。あなたの仕事先の経営者にここに電話を入れてもらい、相談してください、ということでした。職場に戻って経営者に事情を説明し、指定先に電話をいれてもらい、滞在許可証をSALARIEに変えるという方向で書類を郵送、返事待ちの状態です。レセピセの期限は12月1日で、1か月くらいで返事がくる、ということでした。どうにか働ける労働ビザのようなものを出してもらえる方法があれば教えていただけると助かります。

お答え
(1)あなたが持っていた滞在許可証はVIE PRIVEE ET FAMILIALEという1年ものの滞在許可で、自由に働くことができるカードです。これは、あなたがフランス国籍者と結婚したことで発給されたものです。そして結婚生活が続いていることが条件で、毎年更新することができます。
(2)結婚歴3年を消化した時点で、VIE PRIVEE ET FAMILIALEの更新ではなくCARTE DE RESIDENT(10年カード)
が発給されます。また、フランス国籍の申請取得も可能です。いいかえれば、結婚歴3年で、CARTE DE RESIDENT(10年カード)を取得する、フランス国籍を取得する、この両者の選択になります。日本人の場合は、圧倒的に前者が多いようです。
(3)あなたの場合は、結婚歴が2年弱で終わってしまったので、(1)、(2)とも壁にぶつかってしまった
ということです。
(4)そこで、SALARIE(給与労働者)に滞在身分を変えようというのが、現在の動きです。文面によれば、すでにその方向で書類を提出し回答待ち、とのことなので、SALARIE(給与労働者)の滞在許可が出るのではありませんか。
(5)ところで、VIE PRIVEE ET FAMILIALEは自由に就労できるカードですから、あなたの職種や給与額については、外国人労働管理局は関知しません。あなたとその経営者の間での合意だけで済みます。
一方、SALARIE(給与労働者)は、あなたとその経営者とで交わした労働契約を外国人労働管理局が認可すること、つまり労働許可が下りることによって発給されるカードですから、労働契約の内容がチェックされます。
歯科系医療関連の仕事、とありますが、この点はクリアーできるのでしょうか。資格を必要とする仕事の場合、
フランスでの資格をお持ちなのでしょうか、日本で取得した資格の場合、それはそのままフランスでも行使できるジャンルの資格なのでしょうか。このあたりが気になりますが、その場合は、外国人労働管理局から資格証を提出せよ、とか、外国で取得した資格であれば法定翻訳を付けて提出せよとかいってくるでしょうが、、。
(6)なお、SALARIE(給与労働者)への滞在身分の変更が却下された場合は、またご相談ください。別の可能性を考えてみますので。

2010年10月27日
在フランス日本人会  滞在相談室   担当 岡本 宏嗣
スポンサーサイト



COMPETENCES ET TALENTSの申請/ワーホリの場合

質問
competance et talent について。
私は2009年12月にワーキングホリデーで渡仏。
今、フランスに住んでいます。
12月の頭に帰国予定ですが、すぐフランスに戻って来たいので、competance et talentの手続きをしようと考えていますが、どうも書類の準備がフランスでは上手くいかなくて相談にのっていただければなと思いコメントしました。

まず、
1、フランスで申請は出来るのか?出来るのであれば直接大使館に行っていいものなのか?そして大使館の住所と電話番号が知りたい!
2、フランスでの就職先が見つかっていませんが、履歴書は必要なのか?
3、ディプロムの証明書、卒業証明書はフランス語訳つきで必要なのか?またどこで翻訳をしてもらえるのか?
4、今から準備をしてフランスで申請して12月の頭までに返事が来るのか?


今のところ計画書はほぼ書き終え、履歴書はフランス語のものを用意。というところまできています。
アドヴァイスお願いいたします。
お答え
(1)ワーホリ滞在の場合は、ワーホリ滞在期間(1年期限)を消化して日本へ帰国し、在日本のフランス大使館に申請します。申請先は在日フランス大使館(南麻布の)です。ただし、郵送でも受け付けていますので、フランス滞在中に必要提出書類がそろえば、フランスから郵送しておくことは可能でしょう。
許可がおりた場合は、在日フランス大使館でヴィザを受け、フランスに戻ってくることになります。
(2)フランスでの就職先が見つかっている、いないにかかわらず履歴書は必要です。
(3)資格証、卒業証書など、それが日本語のものであれば、在仏日本人会(TEL0147233358)で法定翻訳することができます。日本でも在日フランス大使館指定の翻訳事務所で翻訳することができます。
(4)過去の事例では平均して3か月くらいですが、わかりません。

2010年10月25日 在仏日本人会  滞在相談室 担当 岡本宏嗣















ARTISTE VISA/PROFESSION LIBERALE/AUTO-ENTREPRENEURの関係は?

質問です。
フランス語学学校と美術系学校の2つに通っている学生です。来年度を目標にアーティスト・ヴィザに切り変えたいと思っています。そこで、おうかがいしたいのは、アーティスト・ヴィザとプロフェッション・リベラル、そして最近、私の周辺で話題になっているオト・アントルプルヌール、これらの関係がわかりません。また、MASONS DES ARTISTES(芸術家協会)というのもどう関係するのか、このあたりの三角関係、四角関係を説明してください。
お答え。
アーティスト・ヴィザは通称です。実際は、プロフェッション・リベラル/PROFESSION LIBERALEのこととお考えください。以降、PLと略記します。あなたが、自分の作品を個展やグループ展、画廊などで自由に売るためには、現在あなたが持っている滞在許可証の滞在身分学生(ETUDIANT/ELEVE)をPROFESSION LIBERALE/PLに変える必要があります。その手続きをする場所は、滞在許可証の申請、更新申請をする窓口と同じPREFECTUREです。と同時に PLとしての今後の収入に対して社会保障費の支払い方法や所得申告の方式について登録しなければなりません。もちろん、収入が少なければ、支払い免除になったり、ミニマムチャージで済んだり、減額になったりすることはあります。しかし、無登録で済ませることはできません。無登録では滞在身分をPLに変えることはできません。オト・アントルプルヌール/AUTO-ENTREPRENEURは、この社会保障費の支払い方法や所得申告の方式に関わることです。オト・アントルプルヌール/AUTO-ENTREPRENEURは2009年度からスタートした新方式です。それ以前から存在している方式を従来方式としますと、PLは社会保障費や所得申告の方式についての登録は、
*従来方式
*新設のオト・アントルプルヌール/AUTO-ENTREPRENEUR方式
この二つの方式のいずれかの選択になります。後者の方が負担が安く済むということで評判になっていますが、必ずしもそうとはいえません。これについては在フランス日本人会会報225号(2010年9・10月号)に詳述してあります。
ところで、質問者は美術系アーティストとして活動したい、ということでした。同じPLでも美術系アーティストは、MAISON DES ARTISTES/芸術家協会に登録する方式です。つまり、新設のオト・アントルプルヌール/AUTO-ENTREPRENEURを選択できません。無関係ということです。美術系アーティストは、従来方式でも新設方式でもありません。これらのことをまとめますと、
PLは社会保障費、所得申告の方式では、
*従来方式
*新設オト・アントルプルヌール/AUTO-ENTREPRENEUR方式
の選択になります。登録窓口は社会保障費・家族手当徴収公庫(URSSAFといいます)です。
ただし、
美術系アーティストは、MAISON DES ARTISTES/芸術家協会への登録になります。

こういう関係ですが、ご理解いただけましたか。以上は関係の説明のみです。実際の登録は、込み入りますので、在フランス日本人会滞在相談室をご利用ください。会員無料です。
在フランス滞在相談室  担当 岡本宏嗣
プロフィール

okamotohirotsugu

Author:okamotohirotsugu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR